ゴシップ

皆藤愛子に「見直した」の称賛集まる、本能のまま恋するバンギャはカッコイイ!

【この記事のキーワード】

 元・モーニング娘。の石黒彩(39)は、「好き」を貫いてバンドマンをゲットしたバンギャの代表格だ。1999年9月に「LOVEマシーン」がリリースされてモーニング娘。が人気絶頂となったわずか4カ月後の2000年1月にグループを脱退。「服飾関係の学校に行きたかった」と理由を説明していたが、同年5月にLUNA SEAの真矢(47)と結婚し、11月に子どもを出産していることから、真矢との結婚のために脱退したという説が有力だ。

 石黒は高校時代(94年から96年頃)からファンだったと公言しており、長年一途に想い続けていたようす。一説には本命はLUNA SEAのベース・J(46)だったなんて言われているが、「Jが無理なら真矢でも!」となるあたりが、本能的というか愛が凄まじい。打算的な思考はひとかけらもない。

 その他にも、伊藤かずえ(50)は、伊藤がファンだったと噂されているSIAM SHADEのベース・NATCHIN(45)と99年に電撃結婚(2013年に離婚)。L’Arc-en-CielやX JAPANが好きというバンギャ疑惑のある北川景子(30)はDAIGO(39)と結婚と、世間から見ると少し格差っぽい結婚をした。

 独身にもバンギャと噂されている女性芸能人は多く、NMB48の山本彩(23)、SKE48の松井珠理奈(20)、佐野ひなこ(22)、中村里砂(27)、椎名ひかり(22)などにもバンギャ疑惑が。松井は既にビジュアル系バンドSuGのボーカル・武瑠との交際疑惑が週刊誌に載ったこともあるが、みんな好きな人への気持ちを貫いて幸せになってほしいものだ。

(プラント)

1 2