連載

サディスティックな責めにゾクゾクする! 「女捜査官シリーズ」は興奮の宝庫!/女性向けAV

【この記事のキーワード】

「拘束」×「ラバースーツからはみ出す美乳」が興奮ポイント

アラレがまだ子供の頃の話ですが、アニメ『ルパン三世』の中に、敵に捕らわれた峰不二子が縛りつけにされ、孫の手のようなマシンで全身をこちょこちょされるシーンがありました。ラバースーツをはだけさせながら悶絶する不二子に、子供ながらに衝撃を受け、とても興奮した覚えがあります。「女捜査官シリーズ」のセックスシーンは、アラレが子供の頃に興奮したこのシーンの進化版と言えるでしょう。

縛りつけられたり、吊るしあげにされた状態で、虫けらでも見るような冷徹な目つきの敵に犯されるシーンにはゾクゾクした刺激を感じずにいられません。敵にラバースーツの胸元を大きく開けられ、巨乳が露になっても何もできない捜査官。このラバースーツからちらりと見える美巨乳がとてもセクシー! 全裸よりも断然、興奮します。

そして、「男には屈しない」と気丈に振舞っている女捜査官ですが、体は反応してしまい……言葉責めされながらスパンキングや電マ、バイブなどを使って犯され、快楽に堕ちていきます。女捜査官に感情移入すると、「こんなに酷いことをされて可哀相な私。でも感じてしまう……」と、悲劇のヒロイン気分を味わえそうです。

おわりに

昔はちょっぴり苦手意識のあった女捜査官モノ。食わず嫌いせずに見直したところ「そういえば……」と、峰不二子の縛りつけシーンを思い出し、アラレの性癖のルーツを発見しました。子供の頃にどんなことで興奮していたのかを思い出してみると、自分の内なるエッチな願望が見えてくるかもしれませんね。

1 2

アラレ

年間3,650本のAVを観る独身アラサー。東京某区在住。好きな言葉は有給休暇。2014年、日課のオナニー中に「女性向けアダルトサイトの運営」を閃きsugirl(シュガール)を開設。思春期から男性向けAVを観まくっていた経験を活かし、女性も楽しめる動画を厳選して公開中。

sugirl