カルチャー

ピュアな恋模様を観察する『ボク運』が癒し/『ボク、運命の人です。』第七話レビュー

【この記事のキーワード】

とんとん拍子は嵐の前の静けさ?

いよいよデート当日。どうにかして晴子の薬指に指輪をはめたい誠ですが、映画、続くカラオケでは、さっぱりうまくいきません。その次に行ったボウリング場でひらめくことになります。特訓のおかげで晴子の薬指以外の指のサイズも熟知している誠は、晴子の指に合ったボウリングボールを晴子に渡し、晴子は2回連続ストライク。あと1回でターキー(3連続ストライク)、3回目に挑む晴子を勇気づけるように、誠は彼女の薬指に指輪を……(ついでにシューズのバンドも留め直してあげます)! ターキーを果たした晴子は指輪に気付き、にっこり微笑んで「すごいうれしいです……ありがとう……!」。か、かわいすぎる……!!!!! 第五話、第六話のレビューでも書きましたが、かわいい!!!!! 木村文乃ってこんなにかわいいんだ……!!!!!

「お世辞でも何でもなく好きなデザインです」と喜ぶ晴子に万々歳の誠。2人は手をつないで帰ったのでした(髪が若干伸びたせいか、亀がまた若く見える……)。かわいくて初々しくて純度100%、同じアラサー男女でも、不倫や奇行ぶりがえげつない『あなたのことはそれほど』(TBS系)とは、こうも違うのか(ちなみに役者の実年齢は『ボク運』より『あなそれ』が若い)。

はい。そんなわけで、指輪サプライズ大作戦はうまくいきました。たいしたトラブルも起こらず、視聴者が拍子抜けするくらい至って平和で順調な第七話でした。ですが、あれ?? 上機嫌の誠が帰宅しても、謎の男が出てこない?? ラストシーンは、誠の元カノが美人局で逮捕されるニュース映像が流れ、不穏な空気を発したところで次回に続きます。次回第八話では今までずっと誠に好意的だった晴子パパ(杉本哲太)が、2人の交際にまさかの大反対している様子なんですけど、杉本哲太が演じているだけあって晴子パパはキレると怖そうですね。

(ドラマウォッチ担当:雨月桃)

【第一話】“クールなサバサバ女子”設定の木村文乃は、つまり常識的な女性ヒロイン
【第二話】亀梨和也の可愛さが全開!ほのぼのユルい土ドラ
【第三話】男性不信と結婚願望の狭間。憂い顔のヒロイン・木村文乃
【第四話】愛の押し売り・好き好きアピールがなぜ相手の心に響かないか
【第五話】亀の歩みでついにキスハグ到達!恋が膨らむ瞬間、木村文乃の演技が巧い
【第六話】かわいすぎるカップル誕生!凍っていた彼女の心を溶かしたのは<2年前の記憶>

▼「俺が判断なんてしちゃいけなかった」亀梨和也&山下智久コンビ、復活までの12年間
▼山下智久がなぜ!?「好きな男優」ランキング入りの怪

<そのほかのドラマレビューはこちら>

母になる

人は見た目が100パーセント

あなたのことはそれほど

女囚セブン

フランケンシュタインの恋

1 2