ゴシップ

「キムタク・坂上忍は臭い」喫煙規制イベントで山田邦子がバッサリ、「禁煙してほしいタレント」ランキングで戸田恵梨香も流れ弾

【この記事のキーワード】

 受動喫煙防止策の強化案は自民党の反対で先送りにされており、居酒屋が禁煙になるかもしれないという報道があれば「居酒屋でタバコ吸えないなんて信じられない」とブーイングが目立つ。4月にはWHOの事務局次長に東京オリンピックの受動喫煙防止対策を徹底するよう指導されていたはずなのだが、それも実現できるかどうか危うい状態だ。

 最近では煙草を吸う本人の「一次喫煙」、副流煙を吸い込む「二次喫煙」の他に、衣類やカーテンに染み付いた有害な成分を吸い込んでしまう「三次喫煙」までも研究結果が上がっており、今回のイベントを主催した一般社団法人の「全国がん患者団体連合会」は国会議員に対して受動喫煙防止策の要望書を提出したとして会見も開いている。

 会見で山田が「影響力のあるメンバーを狙って、タバコを止めさせるように説得したい」と語っているように、舘ひろし(67)や和田アキ子(67)のような大物が禁煙に成功した際には世間でも大きな反響が上がった。テレビが相変わらず“マス”メディアであり、芸能人が大きな影響力を持つことは今も間違いないだろう。

 「タバコ問題首都圏協議会」では毎年「タバコをやめてもらえばタバコの害を考えるきっかけになる著名人」を選定しているが、5月に発表された今年のランキングには太田光(52)や妻夫木聡(36)、マツコ・デラックス(44)などがランクイン。喫煙者だと公表していない戸田恵梨香(28)もなぜかランキング入りしてしまっているのはかわいそうだが、ここに挙げられている芸能人がタバコをやめるようなことがあれば、確かに影響力は大きそうだ。

(ボンゾ)

1 2