インタビュー

「ちんぽの食べログ」をTwitterで発信、ついにはAV監修まで! 暇な女子大生が「高学歴エリート」の膣キュンポイントを語る

【この記事のキーワード】

ーーAVに出演しておられる佐々木れなさんは、暇な女子大生さんが選ばれたんですか?

暇な女子大生さん(以下、暇女)「はい」

ーー佐々木さんに決定したポイントはどこでしたか?

暇女見た目からして遊んでいそうなギャル系の子ではなく、清楚系の子が希望でした。佐々木さんはイメージとピッタリでした」

ーー作中の「こんな積極的なコいないから」「ふだんこんなふうに舐められないから、どうされたいかわからない……」など、戸惑ったり恥ずかしがったり煮え切らなかったりする男性のセリフがリアルでした。これらのセリフには、暇な女子大生さんの実体験が活かされてますか?

暇女「そうですね。私は最初は優勝する気がなくても、キスをするとすべてを忘れて股を開いてしまい、積極的な淫乱まんこと化します。騎乗位しながら自分の胸を揉んだり、正常位で突かれている最中に自分のクリトリスを弄るなどという、AVのようなことをよくするんですが、それを見て『こんなコ初めて』といわれることが多いです」

ーーそれって、どう感じます? ちなみに私は男性がモジモジしていると「腹くくれ! はっきりしろ!」とイライラして醒めてしまうんですよ。

暇女恥ずかしがるちんぽに醒めてしまうんですか! 私は、ふだんバリバリ働いているエリートがベッドの上では恥ずかしがり屋さん、というそのギャップに膣キュンします」

ーー恥ずかしがっている男性を見てむしろキュンとするんですね。

暇女ええ。少し話がずれますけど、私、ちんぽが単独優勝(オナニー)するところを見るのが好きなんです。なのでよく『いつもひとりでしてるときみたいに、いましてみて』とリクエストするんですが、たいていのちんぽは『えーやだ恥ずかしいよ笑』と照れながら3こすりくらいしてくれるのが、見ていてかわいいです」

ーー作品中2人目(証券会社勤務・M大学卒)、3人目(現役東大生)の男性たちとのシーンでは、女性が攻めに徹してますよね。こちらにもご自身の実体験が反映されてますか?

暇女はい。年上エリートちんぽを攻めるの、とても楽しいです」

ーー「攻めるだけで満足できる」場合もありますか?

暇女先ほどもお話したとおり、ふだんはスーツを着てバリバリ働いているエリートちんぽをいま私が支配していて、私の加減次第で彼らが喘ぎ声を漏らし、ちんぽの先端からエリート汁を垂れ流す……と考えると膣キュンですよ」

喘ぐエリートちんぽがかわいい

ーーなるほど。年上や社会的地位の高い男性を支配する感覚ですか。

暇女耳やタマを舐めたら、仕事中の様子からはとても想像できない、女の子のようにかわいい喘ぎ声を出すちんぽが多く、まんこがガンジス川です」

ーーコンドームを見せるシーンがありますが、AV(SILK LABOなどの女性向けAVを除き)ではあまり見られないと思います。

暇女一徹さんのファンで、AVは彼の出てるSILK LABOのものばかり見ているので気づきませんでした。男性向けだとあまりそのようなシーンないんですね」

ーーこのシーンは、暇な女子大生さんのこだわりでしょうか?

暇女よく『ゴムをつけようとしないちんぽはクソちんぽ』の話を聞きます。けれど私が過去に優勝したエリートちんぽは、むしろ向こうから率先してゴムをつけるちんぽばかりでした。エリートは失うものが多いからでしょうか。この作品に出てくるのも皆エリートちんぽなので、そのあたりは忠実に再現してもらいました」

ーーピルを服用されているとのことですので、コンドームは性感染症予防のためですか?

暇女はい。ナマ優勝のほうが断然好きですが、予防のため必須ですね」

ーーたしかに暇女さんが「着けて」とお願いしているシーンはなかったので、彼らが自分の意思でコンドームをつけた、という設定なのですね。エリートにはそういう魅力もあるとは、初めて知りました。

ーー今後、再びAVを作る機会があるならどういう作品にしたいですか?

暇女今回は私ではなく私に弟子入りしてくれた女の子の奮闘記だったので、次回は私が実際にマッチングアプリのTinderを使ってちんぽを漁り、いつもしているような、飲みからのホテルで優勝、までの流れをAVにしたいです」

 出会い系の模様が取り上げられるAV、私も見てぜひ参考にしたい! 暇な女子大生さんにお話しえおうかがえたおかげで、次にAVを見るときは男性の恥ずかしがる様子も愛でられそうです。次回作もとても楽しみです!

▼後篇に続く!
暇な女子大生は、どのようにして高学歴エリートと出会っているのか。マッチングアプリで要注意ちんぽを見極める三大ポイント

(川寄ふう)

1 2