連載

『24時間テレビ』制作発表のドタバタすぎた舞台裏…MC櫻井、亀梨、小山のプロ意識を再確認

【この記事のキーワード】

後輩の亀ちゃんや慶ちゃんを従えトークも絶好調で、会場を一瞬のうちに笑いの渦に巻き込んで。今年はチャリティーパーソナリティーに石原さとみちゃん、スペシャルサポーターに東野幸治さん、渡部建さんが参加することになって、一気に場も華やかになったしね。最近のさとみちゃんは、また一段と女っぷりを上げてきたけど、この日もめちゃくちゃ可愛いかったわ。「今年は女優生活15周年で30歳になりました。それに放送日の8月27日は私にとっては記念日なんです」なんて発言をして周囲をドキッとさせたんだけど、どうやら2002年の8月27日に“ホリプロタレントスカウトキャラバン”でグランプリを受賞したようで、彼女にとっては記念すべき大切な日のようなの。いつもさとみちゃんはコメントも気が利いてるし、艶っぽいし、ホントいい女なのよ~。女の私たちも見ていて惚れ惚れしちゃったもの。今秋OAされる『地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)が待ち遠しくてしょうがないわ。

もちろん、一番会場を沸かせたのは翔くん、亀ちゃん、慶ちゃんマンの3人なんだけど、のっけから翔くんが「よく『グループを離れての活動ですが不安は?』と聞かれるんですけど、7月1日に生放送する『THE MUSIC DAY 願いが叶う夏』でも一応ひとりで総合司会をしているんですよ。意外とひとりでの仕事もしているんで、そんなにご心配いただかなくても」と笑わせ、それに続いて渡部さんが「僕もグループを離れての活動ですけど、うちの場合はアイツ(児島一哉)がいなければいないほど調子が上がるので本当によかったです」とコメントして大爆笑をかっさらったの。やっぱり芸人さんのトーク力はハンパないのね。東野さんも「チャリテイー番組にこんな心のない僕のような人間が出ていいのかと思いましたが」ってコメントしてたし、わかってるよね~。

メインの3人も負けてないエピソードを繰り出してくれたんだけど、まず翔くんが『木更津キャッツアイ』(TBS系)に出演してた頃の話。サッカー少年の翔くんは亀ちゃんに野球を教えてもらっていたそうなのよ。そんなある日、神宮のグラウンドで2人で練習してたそうなの。当時、まだジャニーズJr.だった亀ちゃんは「翔くんクラスになると神宮のグラウンドを貸し切れるんだ。こんな広い空間に2人っきりなんてスゴイ!」と思ったそう。ところが途中でおじさんがやってきて「何やってんだぁ!」と怒られまくって、翔くんも「あの時はまさに陳謝だったね」って。開いていたからうっかり入って練習してしまったそうなんだけど、アイドル2人してペコペコ謝って何とか開放してもらったとか。その後「翔くんにカフェでパスタをご馳走してもらって感激した。だってカフェなんて行ったことなかったし、おしゃれでびっくりした。それにスパゲッティーといえばナポリタンとかミートソースしか知らなかったから、えっ、パスタって何? って。ペペロンチーノとかカルボナーラとか全然知らなかったもん。すごく美味しくて感動したんだ」と微笑ましい失敗エピソードを披露してたわ。

慶ちゃんマンと翔くんは「近所付き合いネタ」でひと笑い。月曜から金曜まで『news every.』に出演している慶ちゃんマンと月曜日の『NEWS ZERO』に出演する翔くんの楽屋はいつもご近所なの。「でも局内では打ち合わせの時間が違ったりであまり会えないのが現状。なので、差し入れやお誕生日プレゼントなんかを楽屋に置いて来る付き合いかな」とのこと。翔くんから慶ちゃんマンがもらった誕プレは、何と高級ひげ剃り。だけど翔くんはひげ剃りよりものし紙の「祝」の字を「呪」にしといたことに気付いてほしかったらしいのだけど、ひげ剃りに感動した慶ちゃんマンはノーリアクション。「先輩の小ボケをうっかりスルーしてしまうという大失策をやらかしました」と陳謝。こちらも面白ネタを投下してくれたの。

1 2 3

秘密のアツコちゃん

約20年間、アイドル、タレント、女優、俳優、監督や脚本家など、さまざまな業界人とともに仕事をしてきた結果、気づけばとんでもなく情報通に。毎日、テレビ局や出版社、レコード会社や映画会社などに日々出没し、マスコミ界隈をふわりふわりと歩き回っている。