カラダ・美容

「毎日オナニー」しちゃダメなの? 何をもってオナニー依存症とするのか

【この記事のキーワード】

 性感帯は触れれば触れるほど感度が高まり、感じやすくなるもの。私なんかは処女の頃からオナニーをしていたおかげか、初エッチのときから体がかなり敏感で気持ち良くなれたぐらいです。

 特にもともと鈍感な膣内は、開発が必要不可欠なところ。毎日のオナニーでGスポットやポルチオを開発していけば、オナニーだけでなくセックスも何倍にも気持ちよくなるのではないでしょうか。

◆膣の衰えを避けることができるかも

 しばらくエッチもオナニーもご無沙汰だと、久々のエッチがなんとも痛いこと……。もしかして、私は処女に戻ってしまったのか?と思うようなときもあります。これは、ずーーーっと膣を使わずにいると、その機能が衰えてしまい、萎縮して硬くなってしまうからなんだとか。そのため、「しばらく彼氏もいないし……」という方や、「もう歳だし……」という方こそ、オナニーすることをおすすめします。

日常生活に支障をきたすようなら見直しを

 毎日オナニーしても全然大丈夫のはず、だけれど、「ところかまわずオナニーしたくなっちゃうぅ~~~」となるとさすがに心配。それ、もはや「オナニー依存症」状態です。

*公衆トイレや会社など、出先のトイレでオナニーをしたことがある
*出掛ける前にオナニーをはじめてしまい、遅刻したことがある
*オナニーに没頭し、仕事や友達との約束をキャンセルしたことがある
*オナニーを我慢すると、ずっとイライラしている

 このように、四六時中オナニーに支配されて日常生活に影響が出て悩んでいる方は、依存症治療の専門病院へ相談するという手もあります。子供時代、親にオナッてるシーンを目撃されて怒られた~なんて経験から、オナニーについては誰にも言えない・見せないという人もいらっしゃるかと思います。でも病院ではそんなことで怒られないから大丈夫、安心してくださいね。そして出先のトイレでオナニーするのは、意外と隣の個室の人にバレてたりするので(音とか息遣いで)、気をつけたほうがいいですよっ!

1 2

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。