連載

横尾渉への露骨な拒絶、一夜限定ユニット・まえあし誕生…Kis-My-Ft2に異変?

【この記事のキーワード】

 まぁね、古くは中居さんと木村さんも、亀ちゃんと赤西仁くんも、タッキー&翼も、Sexy Zoneの中島健人くんと菊池風磨くんも、若気の至りとでもいうのか、お互い仕事に真剣なあまり、いつしかちょっと方向性や歩み方が違ってしまう“すれ違いの時期”があるのよね。どこもグループだって、2トップには人知れずいろいろな問題や試練が降りかかってくるし、仕方ないのよね。藤北コンビと呼ばれるみっくんとたいぴーにも、残念ながら確かにそんな時期があったわ。

 2011年放送の蓮ドラ『美咲ナンバーワン!!』(日本テレビ系)では、2人ともまだドラマに不慣れだったこともあって、そんなに目立つような隔たりはなかったんだけど、2012年の『ビギナーズ!』(TBS系)の頃には、いつしかかなりの距離感が存在していてね。

 ロケ先で藤北を撮ろうと多くの取材陣が待ち構えていて、2人きりの写真をお願いしても「エッ、北山と何? 聞こえな~い」と言いながらたいぴーが逃走しちゃったり、みっくんも「あれ? 藤ヶ谷、消えたぁ」なんて苦笑いしつつで、真夏の暑い中、2ショを撮るのにかなりの労力を必要として、カメラマンも汗だくになっていたわ。宣伝部は知らないフリをするしね。

 逃げ回る藤北と取材陣との「1枚だけ撮らせて~」、「やだよ~」の応酬が続いて、炎天下を運動会のごとく追っかけっこよ。それはそれで面白かったんだけど、それからも、グラビアで藤北を並ばせようとしたり、ましてや肩を組ませるとか頬を近づけるとか“仲良し定番ショット”を撮ろうとしてもなかなか難しくて、みんな手を変え品を変えて作戦を練り「何とか奇跡の1枚を!」と苦戦していたわ。

 いつからそうなったんだっけ? 取材でも2人はずっと近くにいたのに、気がついたらいつの間にか距離が出来ていて“明確な理由と時期”は覚えていないんだけど、2人とも仕事に対しては熱いし、バカ真面目だし、責任感が強いから、何かひとつの小さなかけ違いが溝を作ってしまったのかもしれないわね~。

 みっくんもマイペースで、いい意味で空気を読まずに突き進むところがあるけど、素直で人の動きには敏感だったりもするしね。たいぴーは愛想を振りまくタイプじゃなくて、ちょっとコワモテなところもあるんだけど、実はとてつもなく優しくて、嘘がつけない人。

1 2 3 4 5

秘密のアツコちゃん

約20年間、アイドル、タレント、女優、俳優、監督や脚本家など、さまざまな業界人とともに仕事をしてきた結果、気づけばとんでもなく情報通に。毎日、テレビ局や出版社、レコード会社や映画会社などに日々出没し、マスコミ界隈をふわりふわりと歩き回っている。