連載

男はセックス中に何を考えているのか? とあるHIPHOP男子に聞く素直な欲望

【この記事のキーワード】

――顔射はともかくとして、スイートハードスイートなセックスが好きな女性は多いかもしれません! Ryanさんはいかがですか?

R「俺は相手が恥ずかしがってるところをたくさん見せてくれるセックスが理想ですね。恥ずかしがってる時って、その女性の本質が見れると思うんですよ。その本質をセックスで見たい」

rorirumi12134

リーダーのRyan

――辱めるのが好きなんですね!

R「もちろん相手へのリスペクトがあるからこそできることだけど。至近距離で局部を見たりして(笑)、見られてる相手の反応を見るのが好きです。セックスはある意味ディズニーランドみたいなもんでしょ? セックスしている時は日頃の嫌なことを全部忘れられるし。ディズニーランドで非日常な空間で解放的な気分になるように、セックスでも解放されていろんな表情を見せてほしいですね」
Z「場所云々じゃなく、そうなれるシチュエーション作りも大事だね」
R「俺らのライヴと一緒で、細部までこだわって雰囲気作りをすることを心がけないとね」

――セックスはディズニーランド! 夢の国! ああ、夢の国へイキたい……。

不自然さと期待感をもたらす女性は最高!?

――セックスの時に、女性にこうされたらうれしいっていうポイントはありますか?

D「俺は自分が攻めることがほとんどで、相手には前戯させないことが多いからな……」
R「いやいや、何かしらされるでしょ?」
D「俺からはさせないな。相手からしたいと言われないかぎり」

――自分は何にもしなくていい、ただ感じてればいいっていうセックス、してみたいです!

M「でも、男はやっぱりちんこが一番感じるからそこをいじられたら大体の男は気持ちいいでしょ。乳首を舐められたりするのもいいけど、やっぱりちんこが一番かな」
R「お前はDJだからこすったりこすられたりするのが好きなんだよな(笑)」
M「うん、そうそう(笑)」
Z「俺が女の人にされたいことは……。不自然に攻めて、不自然に攻められたい。日常じゃ考えられないような、何これチン百景? みたいな」

――例えばどんなことでしょう?

Z「お互いたばこ吸いながらフェラするとか。それって、明らかに自然ではないじゃん。笑っちゃう感じがいいんだよ。後々『あの時、お前まじ面白かったよね』みたいに笑って話せるようなことをしてくれる子が好き。いつもは普通のセックスで、たまにその非日常な出来事を挟みたいね」
R「俺は何かした時にちょっとずつ反応してくれて、この先どうなるんだろうっていう期待を持たせてくれるセックスができる子がいいね。それで最終的には気持ちよくて白目むくくらいになってほしい。それで俺は心がほっこりする(笑)」

――白目で心がほっこり(笑)。それから、女性は手マンをガシガシされると痛いとか、デカチンに奥まで突かれると痛いとかあるんですけど、男性側にそういう身体的な痛みが生じる時ってどんな場面ですか?

R「指輪とかツメが体に当たって痛い時はあるよね」
M「めちゃくちゃ強く握りながら高速で手コキされると、痛! ってなるね。緩急が大事なんだよ」
Z「握力×速さ=破壊力って言うもんな」
R「女性の握力だったらある程度強くしても大丈夫だと思うけど、この野郎~! みたいな勢いでされると痛いね」
M「がむしゃらに手コキするのはやめてほしいね」
Z「そうすると、ちんこがイライラ棒になっちゃうからね(笑)。あと、金玉を力いっぱい弄んでくる子いない?」
R「バルーンアートでプードルを作る時みたいに、玉をグッとやられたら痛いよね(笑)」

――ええっ! そんなことする人いるの……(笑)

Z「いるんだって、たまに。それから、定番だけどちんこに歯があたるのも痛いね。エッチな環境が整ってるのに、歯が当たると一気に現実に引き戻される感じがする」

――歯ってそんなに当たるもんですか?

全員「こっちが聞きてえわ!!」

――失礼しました(笑)。でも女性は、当たってる自覚がないと思うんですよね。噛もうとしていないかぎり。

M「まあ、こっちも『当たってるよ』っては言えないしね」
Z「気づかないのはしょうがないよね。それがその人の全部じゃないし」
D「俺は当たってても痛いと思ったことないな」
Z「強チンコだ!(笑)」
D「ていうか、やられることがあんまりないからな。あんまり積極的にフェラされたら逆に嫌だ(笑)」

――なるほど。フェラなしでOKな男性もいるんですね。今後、フェラの際には歯を当てないように細心の注意を払いたいと思います!

rorirumi12135

クールで寡黙なJulian

挿入中、脳裏によぎるのはあの人の顔

――私の昔からの疑問を皆さんにぶつけてさせて下さい。男性は挿入中に何を考えてるんでしょうか?

M「挿入して初めてその子としてる実感が沸くから、俺のものになったなーって思うかも」
D「気持ちよくなってくれてるかな? って相手のことを考えてるかな」
Z「でもお前は挿入時間が長いからな。こいつはどこまで戦えんのかって考えてんだろ(笑)」
R「一般的な男性たちはD-hyみたいに絶倫じゃないから、イキそうになった時にアンパンマンとか朝青龍を頭の中に思い浮かべたり、壁の一点を見つめて意識を逸らしたりとかするわけよ(笑)」
D「あー。そういうことを考えたことはないけど、自分の彼女がもし違う男に抱かれてたらどういう表情するのかなって思って興奮したりはするね(笑)。挿入中に、現実的にはありえないシチュエーションを想像する時はある」

――アンパンマンや寝取られ妄想……。性癖は人それぞれですからね。今日は男性のいろんな本音が聞けてよかったです。非常に勉強になりました!

THE OCEAN’Sが目指すもの

――最後に、1月30日に配信される新曲「Keep Struggle and Carry On」のコンセプトと、今後の活動について聞かせて下さい。

J「僕たちは今までクリーンなイメージを先行させて音楽活動をしてきたんですが、普段そのイメージ通りの生活をしてるわけでもないし、いろいろ試行錯誤しながら、自分たちのやりたいことに向かって進んでいってる。そんな今の僕たちの原点となる思いを歌にしたっていうのが今回のコンセプトです。今回はロック調の曲になってて、野性的なTHE OCEAN’Sが見られると思います」
R「今回のインタビューみたいに、我々の裏側を表現した曲ですね」
J「今後の活動でメインになるのが、12月27日に行われる赤坂BLITZでのライヴです。いつもより長い時間ライヴをすることになっていて、ファンの皆さんは楽しんでいただけると思うのでぜひ会場に足を運んで下さい。新曲のPVも流れます!」

――ライヴ、絶対見に行きます! 今後もTHE OCEAN’Sから目が離せない♡

(撮影/YUKI)

“KEEP STRUGGLE AND CARRY ON LIVE 2013”in 赤坂BLITZ Presented by MEN’S BOOK 2013
2013年12月27日(金)@赤坂BLITZ

2014年1月に配信予定の最新パワーソング「KEEP STRUGGLE AND CARRY ON」の発表&初ライヴを引っさげ、さらにパワーアップしたステージ演出とパフォーマンスを「1時間のフルセット+α」で余す事なく披露させていただきます。
さらに! WEBストアで前売りチケットをご購入頂いた方全員に新曲「KEEP STRUGGLE AND CARRY ON」のデジタル音源を発売前にプレゼント。ぜひライヴ前に聴き込んでいただき、ライヴを一緒に盛り上げて下さい!
▶詳細、チケット購入はこちら

<THE OCEAN’S アカウント情報>
Official Site:http://www.theoceans.jp
Facebook:http://www.facebook.com/theoceans.tokyo
Youtube:http://www.youtube.com/user/THEOCEANStv

■Lollipop-Rumiko(ロリポップ-ルミコ)/通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。

backno.

1 2

Lollipop-Rumiko

通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。