連載

16歳女子高生と34歳男性…犯罪級の恋の結果、傲慢女に成り下がったあなた! ボランティアに行け!

【この記事のキーワード】

今を受け止めずに「幸せ」を求めようとするのは

大変!! 烏滸(おこ)がましい!!

その殿方も殿方だけどもあんたもあんたよ~

誰でもね、
一度優越感を味わってしまっては、元の世界に戻りづらいもの

それをね
りりさんはだいぶ早く知りすぎちゃったのよね。

ご友人からも相当うらやましがられたことが多かったはず……

でもね、それが本当の幸せかしら?

そんなに心が汚れてしまっては今後のあなたの人生が
輝けなくなってしまうから、キツめのをご用意するけどよろしいかしら??

本当に痛かったらごめんなさいね!

いいかな? イクわよ!!!!!!

りりさんにKENJI美タミン注入~!!!!!!

 

元彼の呪縛から逃れることには新たな出会いが必要でしょう。
それに相応する魅力があなたには残念ながらないです……

「人や相手に感謝することを忘れてはなりません」

つまり、
人を見下したりバカにしてしまっては、
いつの間にか一人ぼっちっで
気がついたら誰も助けてくれないってなっちゃうの

りりさんだけじゃないのよ! こういうケースは……

同じように他人を見下しがちな女性に言えることなんだけどね

だいたい
彼女のことが手に負えなくなったら、男はもう逃げるしか手段がないのよね……

気がつかないうちに自分が傲慢になってしまい
相手はその態度に嫌気がさして逃げるように
あなたの前から消えてしまいます。

今一緒にいられる幸せ
そんな小さい幸せをあなたは気がつかなくなってしまったことは

あなたにとってかなりのマイナスです。

常に「ありがとう」の気持ちを持って接するだけで
幸せが飛び込んで来やすくなります。

最後に
「自分を愛して欲しい」
そして、
その愛とは何か?

知る努力を、自らしなさい。

あなたがどれほど
今、幸せな環境にいるのか
知ることからはじめましょう。

「どうした方が良いですか?」と訊く前に
「心の栄養失調」になってしまっているあなたは
『ボランティア』に行って来なさい。

あなたにはその経験が絶対に必要です。

自惚れるんじゃないわよ!!

どれだけ今あなたが置かれている環境が幸せなのか
知る必要があります。

何事においても見返りをお求めになってはいけません。

見返りを求めずに、ただ与えること。
そうすれば、
新たな幸せに触れることも出来るし、素敵な人に出会うチャンスも生まれます。

健闘をお祈り申し上げます。

あなたはまだ若くてピュアだからこそ
一番厳しく注入しちゃったの。

でもね、頂点を知ってしまったら必ず底辺を知らなければならないのが人生なの
その底辺を知ることが出来れば

あなただけの恋愛の物差しが出来るからね!

苦労は買ってでもしなさいってことよ!

KENJI拝

★相談受付は終了いたしました★

■汚ブス研究家KENJI/ KENJI氏はもともと大手芸能事務所で秘書やアイドルのマネージャーをしていたという人物。さらに過去を探ると、自らお笑い芸人として活動していた経歴も持つ謎の人物。現在は女性の相談に乗りながら、心の汚い女性=汚ブスを研究する 『汚ブス研究家』として、女性が心から美しくなるアドバイスをしている。(※ほぼ週休2日で女子会・マダム会に参加!!) http://ameblo.jp/threesmilesmilesmile/

backno.

1 2

KENJI

年間400回以上の女子会をプロデュースし、内面汚(お)ブスの本音を炙り出す。おネエキャラでテレビ、雑誌、イベントMCなど多数活躍!高校、大学ではマナー講師も。FBS『クロ女子白書』(深夜0:54)レギュラー出演中/著書『女子会のお作法』(産学社)

@obusukenji

株式会社スリースマイル

KENJIオフィシャルBLOG