ゴシップ

鈴木亜美のベビーカー14万、土屋アンナのペットのエサ代10万に「無駄遣い」と批判、大きなお世話

【この記事のキーワード】

 ネット上では「金銭感覚」に注目が集まっているが、同番組では、土屋の子供たちの成長ぶりも注目されていた。長男と次男は家の掃除や料理の手伝いをするそうで、土屋は「自分の家だからやってもらわないと。独り暮らしした時にこれが当たり前だって思っておいたほうが良い」とコメント。家事を「自分の家だからやって当然」と捉えられる男児がここに2名、育っている。また土屋は「買ってきたものでも全然いいと思うけど、皆で同じご飯を食べるって大切」と家族揃って食事をすることを大事にしているそうで、時間を合わせられるようになるべく努力しているのだという。

 5月に出演した『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)では、夫から土屋に「子供の学級だより、病院からの手紙などをほとんど読まずに捨ててしまう」という苦情が寄せられており、夫は、ゴミ箱からそれらを拾ってチェックをしていると明かした。子供の通う小学校へTシャツ短パンビーサンのラフなスタイルで赴き、引かれたこともあるという。がさつなところもある土屋だが、子供のことを悪く扱っているわけでは決してないことが、今回の放送からは伝わる。

 一方の鈴木に対しては、「35歳でハーフアップのツインテールみたいな髪型…見てて『イタイ』しかなかったわ」「あの部屋着、あざとかったねー! キャミソールなのにカメラに頭向けて寝転がったり」「部屋着も着替えまくってなかった? シーン変わる事に違う服着てたけど、何日撮影したのよ?」と育児以外の面でもバッシングが相次いでいるが、何歳で何を着ようと彼女の勝手である。

 各家庭が養育費やペットのエサ代にいくらかけようと自由であり、無駄遣いかどうかは個人の判断による。育児方針もそうだ。ママタレ特集番組やSNSなど、芸能人の育児の様子が公開されるようになって久しく、赤の他人に干渉する無礼があまりに一般的なことになってしまっているような気がしないでもない。

(ボンゾ)

1 2