連載

金持ち韓国人男子とつき合えた!? なのに、お金を出すのは日本人女子ばかり

【この記事のキーワード】

「彼から旅行に行こうと誘われて。あっ、もちろん私の支払いでね(笑)。旅行サイトをチェックしていたら、彼から『俺の友だちの分も一緒に買って』とLINEが送られて来て、なんかその瞬間にサーッっと彼への愛情が冷めていきました」

 彼に「旅行に行きたくない」とLINEしたマヤさん。彼から戻ってきた言葉は、「だったら今回は友だちとふたりで行くから、ホテルの予約をしておいて」だった。マヤさんは勇気を出して彼にこう聞いた。「お金は私が出すの?」と。すると、「当然でしょww」との返事が。これ以降、マヤさんは彼からの連絡をシャットアウトした。

「さすがに彼にも私の怒りが伝わったでしょ、と思いきや、彼ったら私の家まで直接訪ねてきて、玄関の前で大声で『何怒ってんだよ!』『調子に乗るな!』とキレたんですよ。30分以上キレられて、急に声が聞こえなくなったので恐る恐る扉を開けたら、泣きながら体育座りしている彼がいました(笑)」

 そのときのことをふり返り、「一瞬グラッときて許しそうになっちゃった」と話すマヤさんだが、そこは心を鬼にして彼を追い返し、それ以降は彼とも会っていないそう。とにもかくにも、めでたしめでたし……

 ところでマヤさん、彼ってほんとのところは財閥だったの? もちろん違うでしょ(笑)。

「いや、それはわかりません。私はいまでも彼は財閥系だったと思います。立ち振る舞いとか言葉遣いがキレイだったから」

 あ、そ、そうですか。マヤさんがそういうのなら、そういうことにしておきましょうかね(笑)。ちなみにマヤさんは次なる運命の出会いを求めて、日課の“夜のクラブ活動”を元気に続けているそう。

(韓 美姫)

backno.

1 2