ゴシップ

KinKi Kidsの盛大なノロケにファン悶絶! お互いを無意識で意識し合う奇跡のデュオ

【この記事のキーワード】

 すると、光一は「レコーディングを一緒にやることはない。歌番組もお互いイヤモニで違うものを聴いているから、正直相手の声を気にしていない」と衝撃の事実を明かした。一見冷たそうにも見えるこの意見だが、剛の歌を聴かずともレコーディング後に合わせてみると大体合っているから大丈夫という、高次元の関係性があるからこそできる技らしい。何度もレコーディングに立ち会ってきた堂島いわく「それぞれが歌入れをしている時に、相手を存在させながら歌っているなっていうのを感じる」「それぞれの癖や特徴を理解している」そうで、光一は「無意識の中で意識している」と説明していた。

 同じく剛も、光一の声を聴かずにレコーディングに臨み、低音部分は光一のほうが出るので、あえて座って歌うなどして合わせているそう。ここで光一がバランスボールに乗ってレコーディングしたことがあると明かすと、剛は「そのムービー欲しいな」と微笑んでいた。

 ちなみに8月20日放送の『KinKi Kidsのブンブブーン』(フジテレビ系)でも、光一が台所で冷やしトマトに丸ごとかぶりついたりするというエピソードを話すと、剛は「それ定点カメラで撮っておきたい」と発言していた。やたらと光一の映像を欲しがる剛にファンはいろんな妄想を膨らませている。

1 2 3 4 5