ゴシップ

傾けた首、重なる唇。言い訳できない斉藤由貴の「自撮りキス写真」、誰が何の目的で流出させたのか?

【この記事のキーワード】

 斉藤、そしてA氏、共に配偶者がいる。当事者であるふたりのうちどちらかが写真を週刊誌に渡したということは考えにくく、SNSにUPしたわけでもないだろう。使用しているスマートフォンやデジタルカメラのデータが、修理の機会などで流出したということもなくはないが、考え得るのが、ふたりの不倫関係を暴き、反省を促したい思惑のもとに、誰かが意図的に週刊誌にリークした可能性だ。斉藤、もしくはA氏が写真を携帯の写真フォルダに保存し、それをどちらかの配偶者が見つけて「FLASH」に提供したのだろうか。

 ちなみに、斉藤と同じく熱心なモルモン教の信者である斉藤の夫は、先月、斉藤の不倫騒動でコメントを求められると「お話しすることはございません。お断りします」と語っていた。モルモン教は離婚を認めていないという。だが<正当な理由が成り立つこともあることは認め、そういう離婚は罪とみなすことはない>とされてもいるようだ。斉藤の不倫が公になり、なおかつそれが7年も続いているとなると、それは離婚の正当な理由にはなるだろう。

 もはや不倫の枠を超え、ちょっとしたミステリーのようになってきた斉藤の不倫恋愛と家庭事情。突然深まったこの秋の夜長に「誰が自撮り写真を流出させたのか」とつらつら考えてみるのも面白いかもしれない。

(エリザベス松本)

1 2