ゴシップ

広瀬すずが「20代女性が最も嫌いな若手女優」と位置付けられる謎

【この記事のキーワード】

 そもそも広瀬を「嫌われ女優」と位置づけているのは、あくまで“ネット上”の話。CM制作者側には「皮肉」や「いじめ」などの狙いはなく、あくまで10代女性に向けたファッションアイコンとなり得る清純派人気女優として広瀬を起用している。

 とあるネットニュースが2015年に「広瀬すずは一般公表されない企業が行ったマーケティングリサーチで『20代女性の嫌いな若手女性タレント』でトップになった」と報じていたが、果たしてそのリサーチ結果は存在するのだろうか。それが本当にあるならば、広瀬すずがこれだけ多くのCM契約を獲得できるとは思えない。何千万円、何億円とかけて企業ブランドや商品をアピールするCMで、わざわざ大多数から嫌われているタレントを起用する理由がないからだ。

 ここまで評価が極端に分かれている芸能人も珍しいが、広瀬が嫌われているのはあくまでネット上の一部分だけで、一般の大多数は広瀬を「清純派の可愛い若手女優」くらいにしか捉えていないのではないだろうか。現に、近年ネット上でトップレベルの好感度を獲得している山本美月のInstagramは、昨年5月に開設してフォロワーは47万7千人だが、今年6月19日に開設された広瀬の公式Instagramは、3カ月足らずで55万4千人のフォロワーを獲得している。急激にメディア露出を増加させたタレントを「裏があるに違いない」と読みとき「出る杭は打ちたくなる」気持ちもわからなくはないが……。

(ボンゾ)

1 2