連載

月30本の新作AVを見る20歳の男子学生と「マッサージシチュ」を再現してみたら…

【この記事のキーワード】

エッチなマッサージはオイルでやるものです、よね?

 ホテルの部屋に入り、シャワーを浴びてまったりしていると、K君が「俺、ちゃんと持ってきたよ♪」と嬉しそうにトートバッグを叩きました。白雪が「何を?」と聞くと、「マッサージ道具!」とK君。

 ああ、たしかにマッサージもののAVは、施術師の男優さんがオイルを女の子の身体に塗りたくっていたような。でも、マッサージに使うオイルって高いんじゃないっけ?

 白雪はその昔、アロマオイルにハマって購入していたことがあるのですが、ちっちゃい瓶で2000円くらいした記憶があります。とはいえ、ちゃっかりパパのカードを使ってオイルをゲットしたのかもしれない。そんなことを考えていると、K君がトートバッグからナニかを取り出しました。

 ……ローションを。

K君「横になって!」

 い、いいけど……ローションってマッサージに使えるの? うつぶせになると、K君がたっぷりとローションを背中に塗りたくってきました。くっちゅくっちゅとK君がローションを手に絡ませる音が聞こえてきます。マッサージされたことはないけど……なんか違う気がする。

 K君は指先で私の背中を触っているのですが、ぬるぬるしているので、つるーんつるーんと滑っていくだけなんですよ。しかも、このローションは“ホットローション”だったようで背中がだんだん熱くなってきた!!

 5分も撫でられていると、私の背中はカチカチ山のたぬき状態!! モーレツに熱い! そんな白雪の気持ちを知らないK君の指先は、白雪の背中から徐々に腰周りに降りてきたかと思うと、いきなりマ〇コにインしてきました。待って。これも何か違う!!

1 2 3 4

白雪魔夢子

大学卒業後、プロニートとして活動。毎日15時間オンラインゲームをして、ギルドマスターまで上り詰める。しかし、三十路を過ぎ、ふと「私。もしかしてやばい奴なんじゃ?」と思い直す。その後、奮起し、出会い系サイトに登録。『どうしてそうなった』という忠告はおやめください。