連載

稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾、事務所に反対されながら最後までフォローした「各マネージャーの断腸の思い」

【この記事のキーワード】

 西武園ゆうえんちとSMAPは『アイドル共和国』や『桜っ子クラブ』(ともにテレビ朝日系)からのお付き合いで、ファンの皆さんにとっては聖地でもあるのよね。アツが初めて西武園ゆうえんちに行ったのは『桜っ子クラブ』関係のテレ朝さんの取材で、その時はSMAPのことはほとんど知らなくて、「元気な可愛い男の子たちがいるなぁ」と思ってただけ。当時はボンキュボンの水着姿の井上晴美さんたちを撮りに行っていて、取材が終わると、局からいただいたチケットを使って乗り物に乗ったり、要するに「西武園ゆうえんちで遊べる楽しい取材」だったのよね。

 もちろんSMAPファンの皆さんもいっぱいいて、収録前後に西武園ゆうえんち内でちゃんと整列して待っていた姿は今でも忘れられないわ。たまにメンバーたちが取材陣と一緒に乗り物に乗って遊んでいる時も絶対に近づかないし、「統率がとれていてお行儀がいいなぁ」と思っていたの。

 後で聞いたら「勝手に近づいてはいけない」ルールみたいなものがあったらしくて、みんな自制心が強くて感心しちゃったわよ。都内からも少し遠い西武園ゆうえんちにまで、まだまだ売れていなかった彼らにいち早く目をつけて、いつも応援に行っていたんだものね。 その先見の明、すごいわぁ!

 今年の99日は退所したリスタート1日目で、ファンの皆さんにとっても、もちろん3人にとっても大事な大事な日。西武園ゆうえんちで自発的なファンの集いが行われている中、慎吾くんは生放送の『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)の準備に入っていたのよね。

 生放送前、慎吾くんはテレ朝前に集まったファンのみんなの前に現れて急遽コメントを出したけど、この機転の利かせ方は「さすが!」としか言いようがないわ。テレ朝内では「今日からマネージャーさんもついてこないから、出来る限りのフォローをしないと」と、慎吾くんが不安にならないような万全な配慮をしていたの。

1 2 3 4 5 6 7

秘密のアツコちゃん

約20年間、アイドル、タレント、女優、俳優、監督や脚本家など、さまざまな業界人とともに仕事をしてきた結果、気づけばとんでもなく情報通に。毎日、テレビ局や出版社、レコード会社や映画会社などに日々出没し、マスコミ界隈をふわりふわりと歩き回っている。