カルチャー

“ハイロー沼”その底なき魅力!! 腐女子とLDH『HiGH&LOW THE MOVIE 2/ END OF SKY』

【この記事のキーワード】

腐女子の解釈が交錯しまくる「村山」と「日向」

 その村山が今回、達磨一家の頭目・日向(林遣都)にタイマンを申し込むところも見逃せません。SWORD協定を断った日向の元を訪れ、「俺に勝ったらさ、協定結んでくんねぇかな?」と持ちかけるのです。このタイマンは村山が日向に殴り掛かるシーンで終わり、決着は描かれませんでした。

 パンフレットに掲載されたインタビューでは、村山を演じる山田裕貴が「最初は村山のアッパーを日向が避ける予定だったけど、林くんが『日向は避けないですね』といったから、『じゃあ僕も渾身の一発を入れます』ということになった」と語れば、林遣都も「ドラマ版から村山のキャラクターに引き込まれてたし、だからこそ負けたくない思いもあった。山田くんが目一杯育ててきた村山と、自分が築いてきた日向が初めて激突するので気合が入った」と語り、役者同士の信頼関係がぶつかる対決でもあったことがうかがえます。

 こうした裏話から村山×日向(もしくは日向×村山)ととらえるか、村山がコブラの意を汲んで動いたことから村山×コブラ(コブラ×村山)ととらえるか、そこは解釈次第でございます。

カップリング多すぎだけど「ヤマコブ」はいいぞ。

 さて、ここまで『HiGH&LOW THE MOVIE 2/ END OF SKY』の腐女子的萌えポイントをザッと紹介してきましたが、あくまでこれはごく一部。今作だけでも見どころはほかにも山のようにありますし、シリーズ全体を通して観れば、もっと多様なカップリングが存在しています。

 村山と彼を狙う後輩メガネ男子、片方がMtFの公式カップル、ROCKYと彼に付き従う執事のような副官、敵側グループのパリピコンビ、そして大人気のキャラクター、スラム「無名街」のリーダー・スモーキー(窪田正孝)に関する諸カップリングなどなど、可能性は無限大。本稿だけではとても書ききれません。腐女子ならきっと、ひとつは口に合うカップリングが存在しているはずです。

 ちなみに、「じゃあお前はどこ推しなんだよ」と思われた場合のために書いておきますと、「体格差・幼馴染・バカワンコ攻め・金髪強気美人受け」という当方の性癖をすべて満たしてくれる、山王連合会のナンバー2ヤマト(鈴木伸之)×コブラが推しです。今作ではおいしい場面が少なかったので紹介できませんでしたが、どうしても言っておきたかったので書きました。ヤマコブはいいぞ。そういう点でも、11月公開の続編『 『HiGH&LOW THE MOVIE3 / FINAL MISSION』を心待ちにしています。

(文=鰯野 開)

<「サイゾーpremiumハイロー祭」も合わせてどうぞ>

■『前回の予想も的中!加藤よしき×藤谷千明が語るハイロー新作映画のヤバさ』(対談前編)
http://www.premiumcyzo.com/modules/member/2017/09/post_7807/

■『岩田剛典に畏怖と敬意を!加藤よしき×藤谷千明が語るハイローに残された課題』(対談後編)
http://www.premiumcyzo.com/modules/member/2017/09/post_7808/

■『小説家も唸る! 海猫沢めろんが語る「『HiGH&LOW』新作の脚本ココがスゴい!」』
http://www.premiumcyzo.com/modules/member/2017/09/post_7809/

■『山王連合会の正義とは何か? EXILEのドキュメンタリー番組からハイローを読み解く』
http://www.premiumcyzo.com/modules/member/2017/09/post_7810/

1 2 3 4