連載

「年上のお姉さん好きな、若い中性的イケメン募集」に応じてきた青年の悩み

【この記事のキーワード】
子宮にちんぽが届くまで

果たしてちんぽは届くのか。イラスト/大和彩

 You照らす(Uterus)からMe照らすへ!

*   *   *

 よう、また会ったな、子宮だ。

 前回は「舐め犬」という活動をしている男性とMTGだった。よい経験だったものの、舐め犬さんは挿入をしない人だったため、このプロジェクトの目標である「まんこにちんぽをジャストミート」はいまだ達成できていない。

 だいぶいいところまで前進できた。この経験を踏まえてあと一歩! 目標を狙い撃ちしていこう! 性感マッサージさんと舐め犬さんを利用した経緯としては以下の通りだ。

Plan(計画):
・マッチングアプリを使わず、プロに頼んでみよう!

Do(実行):
・性感マッサージさんと舐め犬さんを利用

Check(評価):
・ちんぽが入っていない。
・たとえ相手がプロであっても、見た目が中年な男性だとPTSD症状が出て吐き気や悪夢などの症状が出て死にたくなる。
・中性的な舐め犬さんでは悪い身体症状が起きなかった。

 以上から、俺と夢子は考えた。中性的で見た目が若い男性にターゲットを絞って探せば、これまでとは違った結果が出るのではないか? そして最終的にちんぽに到達できるのでは? よし、そうときまったら今回のActionは以下のとおりだ。

Act(改善):
・マッチングアプリで「中性的な男性のみ募集」と明記してみよう!

マッチングアプリでは顔写真が命

 ちまたではTというマッチングアプリが大人気らしい。しばらく続いた子宮内膜症のひどい痛みは峠を越したようで、先日より動くのが楽になってきた。気分を変えてそれを使ってみようと夢子もTをダウンロードした。

 これまで使っていたアプリとは違い、相手の情報はほぼ写真だけしかない。それを見ていいなと思えば画像を右方向にスワイプする。相手も自分の写真を気に入って右スワイプされていたらマッチング成立だ。

 左に写真をスワイプすれば別の顔がアップで現れる。たくさんの男性の写真を次々に見、指一本で素早くスワイプしつづけていると、なんだかめまいがしてきた。

 写真に主に語らせるTでは、みなさんとても容姿がよかった。フレッドペリーやポロなどのわかりやすいブランドの服を着、さりげなくポーズを取るなど、写真慣れしている男性ばかりである。

 そして皆、非常に簡素なプロフィールしか掲載していない。たったひと言、職業だけが書いている者が主流で、中でも「DJ」「経営者」が多いのに驚いた。日本にはこんなにDJと経営者だらけなのか?

1 2 3

大和彩

米国の大学と美大を卒業後、日本で会社員に。しかし会社の倒産やリストラなどで次々職を失い貧困に陥いる。その状況をリアルタイムで発信したブログがきっかけとなり2013年6月より「messy」にて執筆活動を始める。著書『失職女子。 ~私がリストラされてから、生活保護を受給するまで(WAVE出版)』。現在はうつ、子宮内膜症、腫瘍、腰痛など闘病中。好きな食べ物は、熱いお茶。

『失職女子。 ~私がリストラされてから、生活保護を受給するまで(WAVE出版)』