連載

危険な浣腸、フィストアナル、勃起ペニスに針、便器扱い…知られざるガチSMの世界!

【この記事のキーワード】

女王と奴隷の反省会

――そういうハードなプレイを要望するM男にとっても、ナースの免許持ってる女王様にやってもらえるなんて心強いキュよね!

「そこは私の売りかも知れませんね。その人にとって本当に危険なことは絶対やらないので」

――素人のペニス針刺しとかマジ怖いキュウ。AV撮影現場にもナース常駐するべきだと思うキュウ。

「でも、危機管理しながらやっているつもりではあるけど、危険な場面に出くわしたことは何度かありますよ。一番笑えなかった危険な場面は、浣腸プレイでしたね」

――え、浣腸キュウ!? そんな命の危険があるようなプレイじゃないと思うキュけど……?

「浣腸でお客がショック状態になったことがあって。人間ってあまりにも痛いと、迷走神経というところが刺激されて、ショック状態に陥るんです。血圧がドーンと落ちて、冷や汗ダラダラかいて、生あくびが出て死の一歩手前状態になる。まさにそれになってしまったんですよ」

――えええっ。

「以前、婦人科勤務だった時に、よくひどい便秘持ちの患者さんに浣腸をしていたんですが、カチカチに固まった便がなかなか出ない、けど浣腸して圧が上がってるから、あまりにも痛くて気を失っちゃった患者さんがいました。それと同じようなことが医療プレイのお客さんであったんです。多分、その人も便秘症だったんだと思います。私が話しかけても会話が成り立たなくなってきて、おやっと思っているうちに生あくびをし始め、気絶。これはショック状態だ、と焦り、お店の備品の血圧測定器で血圧を測ろうとしたら測定不可なくらい下がっていた。めちゃくちゃ危険な状態です。真冬で暖房をガンガンにしてたんですけど、暖房を切って(寒くなると血管が収縮して血圧を上げようとするためその効果を狙って)、とにかく脳の血流を保つのがショック状態に陥った時の鉄則なので、婦人科台に乗せたお客の足を上げたら気を取り戻して、一安心でした。この時は本当に焦りましたね」

――ヒィィ~~! それって鈴華さんじゃなかったら、やばかったんじゃないキュウ!? 救急車事案だけど救急車到着しても間に合っていたかどうか。指名していた嬢が医療従事者だからこそ、そのM男は助かったキュウね……。

「怖いですよね。オーナーに『こういうことがあって危なかった、もし他の人の時にこういうことが起こったら、こういう対応をした方がいいですよ』と情報共有をしました。そしたら、それから一カ月も経たないうちに同じこと(浣腸ショック)が起こったらしく。その時は、私の話を聞いていたので対応できたから良かったと言ってました」

――浣腸って割と身近なものかと思っていたけど、そんな危険性が潜んでいるキュウね、勉強になったキュウ~。てか、便秘は侮れないキュウ。

「あと危なかったことと言えば、火事騒ぎもありました」

――キュキュウ!?

「これは医療プレイ店じゃなくて、昔からの奴隷とのSMプレイの最中の話。今となっては笑える話なんですけど、SMホテルに四角い大きな便器があるんです。病院では汚物処理用の物として置いてある便器なんですが、それと同じものが某SMホテルに置いてあって、天井には手を吊る用の金具が設置されている。非常に便利なつくりになっているわけですよ。M男に浣腸して、我慢させつつ、蝋燭を垂らしたり、そんなプレイをしてたんですね」

――真下が便器なら漏れても安心キュウね。

「ただ、垂れた蝋が便器に付いたままだとホテルのお掃除の人に悪いよねっていうことで、プレイの後にいつも奴隷と2人で蝋をせっせと取る作業をしていたんですね。すると奴隷が、『このプレイ好きなので今後もやりたいんですけど、毎回これ剥がすの大変ですよね。だからカバーをしましょう』って提案してきて、新聞紙を敷いたんですよ。おお、気が利くなと私も思いまして」

――うんうん。え、ま、まさか……

「新聞紙を選んじゃったのがまずかったですね。プレイをしてたら蠟燭の芯が燃えてちぎれ、新聞紙の上に落ちたんです。その瞬間! グアァーと火が上がって。新聞紙のカバーが便器だけでなく床にも敷いてあったもんだから、そっちにも勢いよく燃え移って! 奴隷は手を吊るされてるんで逃げられないし、それどころかびっくりしちゃって全然動かないんですよ。それまで私は女王様として『中島ァ、○○して欲しいのかい?』なんて口調だったのに、一転して『中島逃げろーーー!!』って叫んで」

(C)しQちゃん

奴隷の名は中島キュウ (C)しQちゃん

「もうね、燃えた新聞紙が丸くなって火の玉みたいにグアングアンしてるんですよ!あの光景は目に焼き付いて離れないです」

――SMホテルであわや大火事キュウ!

「浣腸用の水を洗面器に入れてたので、それをザバーっとかけて、なんとか鎮火。だけど、すっごい煤なんですよ。蝋を剥がすのが面倒で敷いた新聞紙のおかげで、2人で顔を煤で真っ黒にしながら必死に掃除して(笑)。いつも個人的な奴隷とはプレイの後に食事に行くんですけど、『中島! 次から新聞紙は禁止だぞ!』なんて反省会しながら食事しました(笑)」

――っていうか、個人的な奴隷とはそんな仲なのキュウね! 仲いいキュウね!

「そうなんですよ、仲いいんですよ。いつも終わった後に食事に行って反省会するんです。私『お前なあ、あの時、我慢するって言ってたのに、できなかったじゃないか!』奴隷『すみません、もっと頑張りますッ!』とかそういう感じ」

――それもまたプレイの一環キュウ~~! 個人的に調教担当している奴隷って何人くらいいるキュウ?

「たま~に来るやつとかも入れると結構な数かも。2030人はいるんじゃないかな。2週に1度~月1のペースで来るレギュラーメンバーは56人」

――その中には10年選手もいるキュウ?

「もちろん、長い人は10年越えてますね。そのファイヤー事件の中島も10年選手」

――鈴華さんのSMプレイは1回いくらって決まってるキュウ?

「うんとね、中島は3万円」

――名指しw 人によって違うキュウ?

「そうですね、プレイの難易度だったり、そのプレイにかかるコスト的な事も含め、金額は変動するので」

――10年選手だと、プレイに飽きたりはしてこないキュウ…???

「それは私も思うんですけどね。どうして私に10年も付いてきてくれてるんだろうなって。飽きないように毎回プレイ内容を変えたりしていたのは最初の23年くらいだけだし。10年選手の何人かを見てると、ある程度すると決まったものしかやらなくなるんですよね。当人が冒険したがらなくなる」

――「ママ~、いつもので!」みたいな?

「そう。それが落ち着くんでしょうね。マイナーチェンジはありますけど、大きな変化はなく、いつものプレイをやるって感じで」

1 2 3 4

しQちゃん

子宮のゆるキャラ(妖精)。アイドルに貢ぐために週5+日払いバイトで馬車馬のように働いているキュウ。生理前は情緒不安定になるけれど、今日も元気に頑張りまシュッサン☆ 

@sheQchanz