ゴシップ

激変美女化のGENKINGに「総合プロデュースビル大失敗」の影…不自然なほど触れず、関連投稿は削除!

【この記事のキーワード】

 一時の大ブレイク時に比べると格段にメディアへの露出が減ったGENKING。ネット上では「干された?」「やっぱりオネエ界で嫌われてるのかもね」などの噂が囁かれているが、今年2月1日にインスタに「今年は仕事より、本来の自分らしくってのが2017年」、5月25日にはブレイク時は「ガス欠状態」だったことを告白し、「最近はお仕事をセーブさせてもらっていて、今までの事、これからの事をちゃんと考えてたのね」とあえて仕事をセーブしていると綴っている。

 一方で、GENKINGはそんな悠長なことを言ってられないほどピンチになっているとの話もある。2016年10月15日に表参道にオープンしたGENKINGプロデュースの美容ビル「KINGs」が、すでに経営難に陥っているというから穏やかではない。

 オープン時は多くの有名人がお祝いに駆けつけたり、テレビでも特集されたこともあって大繁盛のように見えたが、12月にはガラガラ状態との報道があった。現在「KINGs」の公式サイトは見つからず、公式のインスタはアカウントこそ存在するものの3月3日の投稿を最後に更新はなく、タグ付けされている投稿も同日までの写真しか確認できない。

 GENKINGは不自然なほど「KINGs」について一切触れようとせず、GENKINGが「KINGs」の「HP出来ました」と宣伝していたインスタの投稿は削除されており、5月28日に『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に出演した際にも「KINGs」関連の発言はなし。ネット上では「3月末に閉店した」とも言われている。

 8月30日にはインスタにて「初心に戻るため」と期間限定で4畳半のマンションに住んでいることを明かしたGENKING。同じ投稿内で「みんなと同じように私も悩むしインスタにあげてる普段のHAPPYな生活が全てじゃないからね」「私は良いも悪いもSNSにUPしてます」と明言しつつも、「KINGs」については一切触れない。こういう部分こそがGENKINGの拭えないキナ臭さを生んでしまうのだろう。

(ボンゾ)

1 2