恋愛・セックス

異臭が激臭に!! 自覚症状がほとんどないのにクラミジアに感染していました

【この記事のキーワード】
Photo by julia.fae from Flickr

Photo by julia.fae from Flickr

 夏が終わりを告げようとしているこの季節。今年の夏はそんなに暑くありませんでしたが、遊びまくった人も“アソビまくった”人もいるのではないでしょうか。今回は“アソビまくった人”にある警鐘を鳴らすべく、筆を執らせていただきました。

 貞操観念が欠如していると自認している月島カゴメは、夏に性欲が増すタイプ。最近は大人しめですが、2年前の夏はかなりアクティブに過ごしていて、ハプニングバーで出会った男性たちとヤッては、外で出会った男性ともワンナイトラブする生活を送っていました。元気すぎる。

 しかし、夏から秋に移り、ムンムンすぎた性欲が落ち着きはじめたころ、アソコに異変が。なんだか臭うようになったんです。というか臭いんです! ……結果を先にお伝えすると、「クラミジア」になっていました(ぎょえ~)。

クラミジアは自覚症状がほとんどない

 クラミジアは性行為による粘膜接触で感染するもので、空気感染することはありませんが、性感染病の中でも一番感染率が高いと言われています。クラミジアには性器の感染によって起きる「性器クラミジア感染症」、喉の感染によって起きる「咽頭クラミジア感染症」があります。私は性器のほうですね。

 性病と聞けば、性器にボツボツができたり、かゆくなったりするイメージがあるんですが、クラミジアって自覚症状がほとんどないんです。私の場合はオリモノの異臭だけ。だから、最初はクラミジアに罹っているだなんて、思ってもいませんでした。その時点で病院に行くべきだったんですが、最初はちょっとすれば治るだろと思っていました。

 でも、いつまで経ってもその臭いは解消されない。しかも、「ちょっと臭うな」くらいの臭いが「魚が腐ったような激臭」に変化! そのころから「なんかヤバイんじゃないか」と思い、勇気を出して婦人科へと向かいました。

1 2

月島カゴメ

アニメもゲームもBLも嗜む雑食系オタク。最近はキッズアニメ(プリパラ)を見ている時が一番楽しい。オタクのくせに変な行動力がある。なお、貞操観念はほぼない。元風俗雑誌編集で元ホス狂い。

twitter:@kaaagome_