連載

出会い系で知り合った潔癖症40代男性が私とラブホへ行きたかった“トンデモ理由”

【この記事のキーワード】

車の中はネコバスみたいで気持ち良かった、けど…

 待ち合わせは白雪宅の近くのセブンイレブン。H氏が車の外で待っていたので、わざわざ降りて待っていてくれたのか~と、ちょっと感激しながら近づいていくと、挨拶もそこそこに「この車、土足厳禁だからちゃんと靴脱いでくださいね!」と言いながら、H氏が車を開けました。

 た、たしかに足元にはファーの敷物が敷いてある……!! その後、車内を観察してみると、H氏の車の中は至る所にふわふわのファーが敷かれており、座席に座ると、まるで『となりのト〇ロ』に出てくるネコバスに座っているみたいでした。もふもふ気持ち良い~。

 しかし、感激したのはそこまで。白雪がバッグからペットボトルに入ったお茶を取り出すと、H氏の顔色がさっと変わり、「車の中では飲み食いしないでください!」と、怖い顔で言われてしまいました。そして車内は沈黙に。さ、先に言ってくださいよ…。なんとかこの気まずい空気を打破しようと、白雪が話かけても、H氏は全然ノリが良くありません。

 そうだ! この人、AVが好きなんだっけ? AVトークをしてみよう! と思い立ち、好きなAV女優やジャンルについて質問してみました。すると、今度はH氏の口から、ものすごい早口で知らない女優さんの名前がたくさん飛びだしてきたのです。

H氏「単体のAV女優よりも、企画ものや名前のない女優さんが僕は好きです。ちなみに、AV女優が毎年どれくらい入れ替わっているかご存知ですか? その数は約6000人ほどだそうです」

 AVの話をしているというか、まるで大学の講義を聞いているかのよう。てか、話を聞く分にはけっこう面白いけど、私たち、これから実技もするんだよね? 「スペンス乳腺尾部は乳房のGスポットとも言われる部位で、ここを押さえながらおっぱいを愛撫すると、快感がぐっと増します」とか言われながら、愛撫されるのかしら……?

1 2 3

白雪魔夢子

大学卒業後、プロニートとして活動。毎日15時間オンラインゲームをして、ギルドマスターまで上り詰める。しかし、三十路を過ぎ、ふと「私。もしかしてやばい奴なんじゃ?」と思い直す。その後、奮起し、出会い系サイトに登録。『どうしてそうなった』という忠告はおやめください。