連載

子宮摘出手術直前に訪れた最後のセックスチャンス。しかも相手は王子様!?

【この記事のキーワード】

「どうしてあのサイトを使おうと思ったの?」

 夢子が聞くと王子はこういった。

「僕25歳なんですけど、周りはみんな結婚してるんです。けど僕は結婚する前にいろいろ見ておきたいな、って思って」

 25歳で結婚を考えるのか。俺たちの世代の感覚からしたら早いほうだ。けど、今の20代は早く結婚する者も多いらしいと聞く。俺はそう理解したが、夢子の中では

(大変だわ……王子だから若くして政略結婚させられるのね)

と勝手なストーリーができあがっている。

「そうなんだ……。あのサイトはよく使うの?」

「はい、アンジェリカさんで3人目くらいです」

と笑顔の彼。そんなことも言ってしまうのか。あっけらかんとしすぎじゃないか? 俺は少し呆れたが、夢子は、

(ああ、やっぱり私とは住む世界が違う人ね。愛されて育った人はあけっぴろげなんだわ)

との独自解釈に陶酔している。

私は、性的にノーマルなのか?

「私10年くらいレスなの」

 恒例の、「けどひとりではしてたんでしょ?」という会話に飽きていた夢子は、それが始まる前に自分から聞いてみた。

「いつもはどういう風にしてるの?」

「僕はノーマルですよ。アンジェリカさんは?」

 夢子は「私もノーマル~」と、言いいかけてふと口をつぐんだ。

 10年もセックスレスだったのに「ノーマル」を名乗っていいのだろうか? 性感マッサージさんや「変態」を自称する舐め犬さんと会った私は「ノーマル」? それを言ったら数時間前に初めて対面した王子と今、ホテルにいることだって「ノーマル」なのだろうか……

 わからない。わからないことだらけだ。とりあえず女王さまではないという意味を込めて「うん、私もノーマル」と澄まして言っておいた。

 シャワーを浴びている間も、夢子はまったく性的な気配を感じることがなかった。おかげで身も心も大変気楽でいられた。

「じゃああっち行きますか」

と誘導する王子と寝台に入る。「これから学級会をはじめまーす」とでもいうよなノリである。これがゆとり世代なのかもしれない。

彼は、褒めてくれた。

「お肌綺麗ですね~。ちなみに何歳なんですか?」

 王子が聞く。

「まあ30代ってことで」

 褒めてくれるなんて、なんていい子なんだ! 感激しながら夢子はお茶を濁す。25歳のはじけるヤングに、実年齢を伝えるのは酷かと考えたのだ。

「嬉しい! 年上初めてなんですよ。僕、年上の人経験してみたかったんです」

 俺に言わせりゃ、これはおよそ考えうる限りで最も完璧な返答だ。さっきの褒め言葉だって、年上が嬉しいという言葉だって、リップサービスかもしれない。たとえそうだとしても、少なくとも彼のスマイルが素晴らしいことに偽りはなかった。

 先日舐め犬さんに会ったことも影響し、夢子はデータ収集のため尋ねた。

「いつも何分くらいクンニする?」

 夢子のド直球な質問にも王子は動じず、にこにこしたままだ。

「みんなさせてくれないんですよ」

「なにーーっ!」

 夢子は驚愕した。そんなことでいいのか、日本の女子は! というか、わざわざ舐め犬さんに会った私はよっぽどの少数派ということか。ならば今後、私も「変態」を名乗ったほうがいいのだろうか……? アイデンティティクライシスだ。

子宮摘出手術直前に訪れた最後のセックスチャンス。しかも相手は王子様!?の画像2

1 2

大和彩

米国の大学と美大を卒業後、日本で会社員に。しかし会社の倒産やリストラなどで次々職を失い貧困に陥いる。その状況をリアルタイムで発信したブログがきっかけとなり2013年6月より「messy」にて執筆活動を始める。著書『失職女子。 ~私がリストラされてから、生活保護を受給するまで(WAVE出版)』。現在はうつ、子宮内膜症、腫瘍、腰痛など闘病中。好きな食べ物は、熱いお茶。

『失職女子。 ~私がリストラされてから、生活保護を受給するまで(WAVE出版)』