連載

エステで体験した「膣美管理」なる施術…目的は<子宮と脳の開放!?>

【この記事のキーワード】

 都内某所にあるその店は〈子宮と脳を開放する〉という強烈なコンセプトからは想像できない、ナチュラルで居心地のいい一軒家でした。施術を担当してくれた女性も親しみやすくて可愛らしく、とても控えめなたたずまい。「あなた、一日中PC見て座ってるでしょう? 顔色見るとわかるのよ。その上、コーヒーぐびぐび飲んでお風呂はシャワーだけで。だ・か・ら下半身冷えて硬くて膣もゆるんでくるのよ!」 なんてど迫力トークをかまされると思っていた自分の先入観って……

 落ち着いた室内で温かいハーブティを飲みながら質問票へ記入を済ませると、施術する部屋に通されるます。すると印象は一転、突然ライティングが怪しげなラブホムード漂う空間。非日常感の演出かな。ちなみに〈膣美管理〉は女性に施術してもらうメニューでした。件の〈異性が施術することでエネルギーが云々~〉というのはトリートメントなど他のコースでのお話なのだとか。下半身は使い捨ての紙製Tバックショーツ、上半身はTシャツという姿になり、いよいよ〈膣美管理〉の始まりです。

 はじめにココナッツオイルが塗られ、太ももやおしり周りなど、下半身を中心に指でグイグイとコリがほぐされていきます。マッサージの強度を強めと希望したこともあり、内ももあたりはゴリゴリとかな~り痛い! でも、むくみや疲れは確実に押し流されていく感じ。肩や腕と違って、下半身ってこういう風に自分では揉めないよな~としばし堪能させていただきました。

膣を美しく管理すると何が変わる?

 雰囲気を大切にしているからか、上げ足をとられぬよう慎重になのか、適当な効果効能トークはほとんどなし。質問には最低限の回答をするというマニュアルでもあるのでしょうか。

ノジル「そういえばブログで、膣美管理の効果に『経血コントロール』ができるようになる!」って書いてありましたけど、そうなんですか?」

施術者「うーん……長期的に見ればできるようになる方もいる……という感じですかね。まったく不可能ではないと思いますよ」

 こんな会話をしながら施術は進み、最後まで膣そのものへのタッチはなく(当たり前か?)、整体のような手技で骨盤周りを動かしたり股周辺のコリをほぐしたり。骨盤周りを整えていく場面では、整体でお約束の「ほら、左右の差がこんなに!」というパフォーマンスも登場。

 要は「広がった骨盤がきゅっと締まれば、その内部に位置する膣も、周りから押し上げる形で締まるよね?」という理屈らしい。本来は、膣の締まりを改善しようと思ったら骨盤底筋を鍛えるほかないのですが、「その周辺が凝り固まったままでは、骨盤底筋も思うように使えませんよね?」という理屈のようです。

 いや~、盛大にズッコケました。この施術の後、膣トレ的なトレーニングがあるならともかく、股周辺をぐりぐりとほぐして、はい、あなたの膣をメンテしました! というのは無理ありすぎ。

 ただ、不必要に膣の具合に不安を抱いてしまった女性たちが、心をケアしてもらう場所としてはアリなのかもしれません。

1 2 3

山田ノジル

自然派、エコ、オーガニック、ホリスティック、○○セラピー、お話会。だいたいそんな感じのキーワード周辺に漂う、科学的根拠のないトンデモ健康法をウォッチング中。当サイトmessyの連載「スピリチュアル百鬼夜行」を元にした書籍を、来春発行予定。

twitter:@YamadaNojiru

Facebook