連載

バイブなのにハロウィンにぴったり!? 可愛いルックス×強力刺激&極太サイズで「逃げ場のない快感」

【この記事のキーワード】

 先に発売されていた『キャスパー』はピンクの極太ちゃん。丸っこいフォルムで、寝そべった身体の上にちょこんとお手てが添えられているようなポップなルックスとは似つかわしくない太さと過激な性能に、バイブ初心者の方や膣内が狭い女性にはオススメしていませんでした。なんせ、子供をひとり産み落としている私でもひるみましたからね(笑)。

 かたや、一回り小さくなったキューティーブルーの『キャスパーキューティー』は、見た目は『キャスパー』そのものですが、30名ほどのモニターの意見を取り入れてサイズだけ改良されています。それでもなかなか太い! 手ごわいですが恐る恐る試してみることにしました。

 まずはリラックス&エロ漫画をおかずに妄想しながら(笑)。キャスパーのヘッドを電マに見立ててクリと入り口をじわじわと刺激。うん、この使い方でもかなり気持ちいいです。しっかり濡れるまで焦らして刺激した後に、ローションをたっぷりつけまして、いざ挿入。んん~なかなか太いけど、時間をかけて焦らしたので何とかクリア!

 挿入感は……やだ天国! 大きいだけあって膣内にぴったりフェットするのでGスポットに振動がめっちゃ響き渡ります、今までにない感覚に感動~。さらに『キャスパーキューティー』のお手て効果で両サイドから刺激がびりびり。その気持ち良さに思わずヘッドを締め上げちゃうので、逃げ場のない快感にあっという間に昇天イッチャイマシタ……はぁ快感。

 振動パターンは弱・中・強・強スキップの4種類で、ボタンを押すとローテーションで変動します。ヘッドとクリバイブはそれぞれ別々に制御可能です。ヘッドは上手く挿入出来なかったら、無理して挿入せずに電マ感覚で使っても十分に気持ちいいですよ~。

「messyを見た」でプレゼント!

「messyを見た」でプレゼント!

 当連載を読んで興味を持たれた方は、見て、触れて、動かすことが可能な渋谷のバイブバーへいらしてくださいね。スタッフも運営も全員女性なので安心です。こだわりの内装と350本以上のバイブ、国内外から集めた大人のおもちゃが展示されています。

THE VIBE BAR WILD ONE(ザ・バイブバー・ワイルドワン)

住所:東京都渋谷区道玄坂2-7-4 3F
電話番号
03-5456-1100 (月~土 PM17:00~PM24:00)VIBEBAR
03-3477-0800 (月~金 AM9:00~PM17:00) VIBEBAR 事務局
メール:info@vibebar.jp
定休日:日曜・祝祭日
営業時間:17:00~24:00
※入店受付は閉店時間の45分前までとなります 
最寄り駅:JR渋谷駅・ハチ公口より徒歩3分
京王井の頭線渋谷駅・西口より徒歩1分

1 2

ワイルドワン/Yuka

20代で結婚するも大失敗(泥沼の離婚裁判)。赤子を抱えて厄払いにロサンゼルスへ気晴らし旅行に出かけ、思い付きでブティックを開業。海外と日本を行き来するバイヤー生活&ブティック経営でどっぷりファッションの世界にはまって15年、大手プチプラブランドにすっかり負けて閉店(チーン)。その後、たまたま見た求人の「アダルト」の文字に妙にときめいて、ワイルドワンの門を叩きます。アメリカかぶれしてるもので、『Sex and the city(←私の人生のバイブルですわ笑)』のサマンサみたいなSexを謳歌する、いや、アダルトグッズのオーソリティーになっちゃたら素敵かも! とバイブバーワイルドワン広報に就任。