ゴシップ

K-POPオーディション番組の負け組が続々と日本デビュー中! 一大ブームの予感?

【この記事のキーワード】

「大注目はスターロード・エンターテインメントの高田健太君(トップ画像)。単身韓国に渡り、番組出演を経て、アイドルグループJBJとしてのデビューを予定しています。日本にいる時から、韓国アイドルのダンスをコピーしており、その世界では有名だった彼。K-POPアイドルのダンスを真似るのは女子が多く、男子は少数派です。そのため、何年も前から彼は注目を集め、今では日本で単独ファンミーティングを開くほどの人気ぶり。フジ系情報番組『ノンストップ』も彼を取り上げました」

負け組のほうが、輝いてる?

 実は高田君がクローズアップされて一番嬉しがっているのはスターロードという、名前のわりにはスターを輩出してこなかった韓国の所属事務所だとか。

「この事務所は今まで日本人を積極的に起用してきましたが、すべて失敗しています。岐阜出身の女性が在籍するダンス系女性アイドルグループもグダグダなほどに低迷し、西宮出身のベースがいたギャルバンも失敗。高田君が初めての成功例とあって、喜びもひとしおでしょう」

 他にも番組出身者7人によるRAINZ(レインズ)が日本の宝石会社系事務所から日本デビュー。11月にはMXMという2人組が来日し、チケットは即完売となりました。

 もうここまで来れば、バブル状態! 101がひとつのブランドになっています。やっぱり、101人も揃えば、犬じゃなくても、メイクドラマできるのです!

佐々木薫:101人の顔と名前を覚えるのは無理、とギブアップ気味のK-POPファン。

backno.

1 2