連載

排卵日を特定、整形費用を着服…「韓国人姑」の権力と恐るべき実態

【この記事のキーワード】

整形したのはオンマだけでなく…

「63歳のお義母さんが、目と鼻と顎の大手術!? そのことにも驚きましたが、もっと気になったのは整形費用のこと! 彼の家はあまり裕福ではありませんし、お義母さんが貯金をしてるなんて話も聞いたことがありませんでした。旦那にしつこく問いつめたら、『自分が払ってあげた』と。……でもちょっと待って! 彼は安月給で自分の自由になるお金なんてありません。日本の両親が『何かあった時のために』と私に持たせてくれたお金があるんですが、彼がそれを私に内緒で勝手に引き出し、お義母さんに言われるがままに支払っていたことが発覚したんです!」

 腹を立てたミサ子さんは、旦那が止めるのを無視してオンマの家に怒鳴り込んだが、さらに想像もしない事実が発覚したという。

「旦那には70kg超えたデブの妹がいるんですが、その妹まで全身整形していたんです。もちろん私の貯金で……! 顔はお義母さんと同じ目、鼻、顎の大手術で、体は脂肪吸引したんですが、だからって見違えるほどスリムになったわけでもなく、まだまだ十分デブ。キレイになってたら許したわけじゃありませんが、人の金まで使って整形しておいて大して変わってないことが許せなくて」

 二人分の手術費用はかなり高かったはずだ。ミサ子さん曰く「一丁前に芸能人が通ってるらしいカンナム(江南=セレブ街)の整形外科に行った」そうで、そのお値段なんと3000万ウォン(約30万円)! ミサ子さんの貯金だけでは足りず、旦那はミサ子さんの両親が買ってくれたマンションを担保に、借金までして整形費用を集めた。

「貯金を勝手に使われた事実も許せませんが、お義母さんに『親のために金を使うのは当然だろ』と言われたことが何よりもショックでした。『日本人の嫁はこれだから困る。わかってない』と言われ放題。旦那は当然私をかばってくれることもなく、子どもがいなければ即離婚しましたが、今は子どものために耐えるしかありません」

 家計を支えるため仕事を始めたミサ子さん。日本では商社に勤めていたが、韓国語ができず小さな子どもがいる彼女が韓国でできる仕事は少なく、現在は日本人観光客向けのクーポン雑誌を街頭で配るバイトをしている。

「寒い日に分厚いコートを着て雑誌を配っている時、ふと虚しくなります。彼といて幸せだったのは日本での恋愛時代だけ。韓国で暮らし始めてからは、彼と二人だけの思い出はゼロ。お義母さんに振り回され続けて、思うように言い返すこともできず、何のために韓国にいるのか本当にわからなくなります」

 韓国オンマ、恐るべし……。韓国人男性と恋愛や結婚すると、もれなくこんなオンマがくっついて来る事もあるので、どうかご用心を!

 

■韓美姫(カン・ミキ)/ヨン様が財閥令嬢と熱愛。出来過ぎた話に「つまんねー」と思いきや、彼女に結婚歴ありのニュースが。いいぞいいぞ!面白くなってきたぞ!

【ソウルの男と女 バックナンバー】
女-4/わずかな所持金で韓国留学。出会い系で同棲相手を見つけるアラフォー女性たち
男-4/韓流ドラマのようなドロドロ恋愛はもう古い? 若い世代はSNS恋愛に移行
女-5/酔ってはしゃいで、気がつくと…ソウルでクラブデビューした女子の悲惨な顛末
男-5/海を越えるボーイズラブ。韓国の腐女子たちは日本漫画にハァハァしてる!
女-6/日本人おばあちゃま軍団が、サムギョプサル合コンで韓国人男子を品定め!?

これ以前の回は、こちらから!

1 2