連載

Kis-My-Ft2・玉森裕太が漏らした本音が心配「今年は本当にいろいろあった」「一歩も進めない真っ暗になった瞬間も…」

【この記事のキーワード】

 特に「やっぱりね、今年は本当にいろいろあったよ。順風満帆に見えた? そんなわけない。一歩も進めない真っ暗になった瞬間もあった。うん、大変だったもん」としみじみ。Kis-My-Ft2という自分たちのグループがどこを目指していくのか、みんなで何度も何度も話しあった」んですって。その上で「それぞれが個人でも成長していかないとダメだなって。だから俺も役者として表現力をつけて、もっといろんなことができるようにならないと。人間的にもね。俺たちのいるこの世界は、努力を辞めた日にすべてが終わるって、今はそう感じてる」って言うの。

 なんかすんごい立派なんだけど、ちょっと悲壮感に溢れていて心配しちゃったわ。そしたら「大丈夫! とにかく今は走り続けるのみだから。そっちも体力つけて、ちゃんとついてきてよ。走れる?」なんて最後は労りの言葉をかけられちゃって。あ~、置いてかないで~!まぁ走るというより、早歩きぐらいで許して欲しいけど、これからも玉ちゃんにちゃんとついて行けるよう、アツも鍛え直さないとね。

 ちなみにキスマイが担当する主題歌『赤い果実』は1129日のリリースで、玉ちゃんいわく「挑戦してる曲だよ。MVでは手錠なんかも出てきて、ドラマとちょっとリンクした匂わせる展開になってるしね。パフォーマンスを楽しみにしてて」とのこと。成長著しい玉ちゃんの演技と歌をぜひぜひお見逃しなく。「金曜夜は早くお家に帰って、温かくしてテレビを見てね」って。玉ちゃんからの伝言で~す!

1 2 3

秘密のアツコちゃん

約20年間、アイドル、タレント、女優、俳優、監督や脚本家など、さまざまな業界人とともに仕事をしてきた結果、気づけばとんでもなく情報通に。毎日、テレビ局や出版社、レコード会社や映画会社などに日々出没し、マスコミ界隈をふわりふわりと歩き回っている。