インタビュー

三上悠亜「女子が憧れるAV女優」インタビュー!こだわりだらけのコスメ選び&メイク術/前編

【この記事のキーワード】

――くるんと長いまつ毛は、まつエクですか?

三上 いえ、自まつ毛です。

――え!? それが自まつ毛!?

三上 元々、まつ毛の量が多いんです。まつエクやつけまもしてみたんですが、まつ毛が濃くなりすぎて、眠たい目元になってしまって。だから、そこで楽しめない分、マスカラにはこだわろうと思って。まず、私は資生堂のビューラーで上げる前に、目元にドライヤーをあてています。

――まつ毛にドライヤーを?

三上 湿気が多いとまつげが重すぎて、いくらビューラーをやっても上がらないんです。1年くらい前、まつ毛が全然上がらなくて困っていたときに「カラッカラに乾かせばイケるんじゃない?」とひらめいてやってみたら、バチッと決まって。温風→冷風の順番に当ててからビューラーで上げると、すっごい上がります。ドライヤーを当てられない時は、ホットビューラーの「ハリウッドアイズ ホット・アイラッシュカーラー」を使っていますね。ちゃんとまつげが上がるし、キープ力も抜群です。

 で、そのあとに間髪入れずにすぐまつ毛下地をつけて、上げたまつ毛をキープします。下地は「キャンメイク/クイックラッシュカーラー」を使っています。プチプラなのに優れていて、めっちゃヘビロテしてます! もう10本以上リピ中。一度にたくさんつけるので、減りが早いんですけど、安いから気になりません。

――そのあとにマスカラを塗って。

三上 マスカラは「ランコム/ヴィルトゥーズ ドールアイ」を先に塗って、細かい部分や下まつ毛には「ランコム/イプノスター ウォータープルーフ」を塗って整えています。昔は「エテュセ/美束ボリュームマスカラ」で全部やっていたんですが、上にもっと太さを、下にもっと繊細さを、と考えて、ランコムの2本使いに辿り着きました。

三上悠亜「女子が憧れるAV女優」インタビュー!こだわりだらけのコスメ選び&メイク術/前編の画像3

まつげはマスカラ2本使い!

――アイラインは控えめですね。

三上 そうですね、跳ね上げたり長く描いたりもしません。タレ目なので、過剰に描くと眠そうに見えてしまうので。アイテムもこだわりがなくて、「@cosme」で評価の高いD-UP/シルキーリキッドアイライナー」漆黒ブラックブラウンブラックを気分によって使い分けています。ひきやすいし、にじまないのがイイですね。

1 2 3 4 5

有屋町はる

AVメーカー広報、実話誌編集を経てフリーライターに。現在は週刊誌にて、中年男性目線の芸能記事やピンク記事を中心に執筆中。U15アイドル周辺が好き。