インタビュー

三上悠亜「女子が憧れるAV女優」インタビュー!こだわりだらけのコスメ選び&メイク術/前編

【この記事のキーワード】

三上悠亜「女子が憧れるAV女優」インタビュー!こだわりだらけのコスメ選び&メイク術/前編の画像8

肌質が変わって、スキンケアも楽しくなりました

――ニキビ肌だったとは思えないくらいの綺麗さですよ。

三上 栄養を与えすぎるとダメな肌質だったのか、前までは「ハトムギ化粧水」や、「オルビス/クリア」ラインを愛用していたんですよ。私、ねちょっとした使用感が苦手なんですけど、「オルビス/クリア」はニキビ肌に特化したオイルカットのアイテムなので、サラサラとした使用感で。

 「アルビオン」も試したことがありますが、肌質が良くなさすぎた時期だったせいか、何も入っていかなかったですね。いい物を使っても、肌が「いや……いらないっす……」って言うんです(笑)。最近やっと、自分に合ったものを見つけられるようになって、すごく楽しいんです。

――女性って、そういう時期がありますよね。ずっとジプシーしていて、「あ、コレ!」と辿り着くときが。三上さんは、それが1年前だったんですね。

三上 そう、それからは、いい物を使えばちゃんと肌が答えてくれるようになりました。

――人前に出る仕事だからこそ、肌荒れは余計ストレスの元になりませんでしたか?

三上 そうなんです! 去年、肌を綺麗にしたくて美顔器的なものをやったら、逆にめっちゃ荒れちゃって。それまでは落ち着いていたのに、そのせいで顔がぼっこぼこになっちゃって、2カ月くらいずっとニキビが治りませんでした。

 その最中にイベントもあったので、すっごいイヤで、ズーンとなっていましたね。ファンの方が撮ってくださる写真は修正もできないから、「本当に撮らないで!」と思ったほど。だから初めて、Twitterで弱音を吐いちゃいました。「肌荒れしているけど、気にしないでね」って。言っておかないと心配されちゃうと思って。それでもやっぱり「大丈夫?」と心配させてしまったんですけどね。その後、皮膚科で処方してもらったら落ち着いて、そこからニキビはできなくなりました。でも、厄介なのが、顔射モノ!

――おお、顔射!(笑)

三上 普通のカラミのフィニッシュでの顔射は大丈夫なんです、すぐに拭くから。でも顔射モノって、何人分もの精子を受けた上で、全員が顔射し終わるまで15分間くらい顔に乗せておかなきゃいけないんです。その間に炎症を起こしちゃって、真っ赤になって、次の日にはニキビが……。肌に合う精子を出す人と合わない精子を出す人がいるんです。

――肌に合う精子もあるんですか?

三上 たぶんあります。そういう人の精子は肌に害がありません。

――どの男優さんの精子がいい精子ですか?

三上 しみけんさんはいい精子ですね。仕事のために食べ物にもすっごい気を使っていて、味を損なわないようにしているそうです。精子って食べ物が出やすいそうで。甘いものばかり食べると甘くなる、とか聞いたことがあります。

☆後編では……女性でも「抱きたい身体」の持ち主である三上悠亜さんに、ボディメイクから“アソコの毛”事情まで聞いちゃいました!

(撮影:荻窪番長)

1 2 3 4 5

有屋町はる

AVメーカー広報、実話誌編集を経てフリーライターに。現在は週刊誌にて、中年男性目線の芸能記事やピンク記事を中心に執筆中。U15アイドル周辺が好き。