ゴシップ

「共演NGじゃなかった?」蒼井優と宮崎あおいの並びに驚愕の声!

【この記事のキーワード】

 同世代のうえ、“あおい”つながりということもあってよく比べられていた2人。しかしデビューまもない頃は、2001年のドラマ『青と白で水色』(日本テレビ系)や2002年公開の映画『害虫』で共演。決して共演NGというわけではなさそうだった。

 しかしそんな2人に不仲疑惑が流れ始めたのは、V6岡田准一(36)との恋愛関係がきっかけ。2008年夏から2010年春にかけて蒼井と岡田は交際していたと言われており、相合い傘のツーショットまで写真に撮られていた。岡田は蒼井のために家をリフォームするなど相当お熱だったようなのだが、最終的には蒼井が岡田を振る形で破局したと見られている。

 そして岡田が現在、交際しているのが宮崎だ。2011年に当時結婚していた宮崎との不倫温泉旅行を報じられ、16年にも伊勢神宮での「手つなぎ参拝デート」が激写された。岡田と宮崎の関係は現在も続いているようで、この恋愛に関する微妙な関係性が、蒼井と宮崎の不仲説に繋がる要因となっているのだ。

 しかし今回の式では、蒼井が「あおいとはデビューした頃はよくお仕事をしてて、20代はしばらくバラバラでお仕事して」と、自ら宮崎と長らく共演していないことに触れる場面が。

 不仲説の否定ともとれるが、ネット上では「振った女の余裕だね」「自分の振った元カレなんて蒼井からしたらなんてことないよね」「宮崎あおいが気まずいだけみたい」と推測する声も。果たして蒼井と宮崎の再共演が実現する日は来るのだろうか。

(ボンゾ)

1 2