連載

稲垣吾郎が「勝利は絶対化ける」! メンバー内戦、「野菜泥棒がいるよー」事件も克服したSexy Zoneの今

【この記事のキーワード】

 セクゾンは20119月に帝国劇場で結成記者会見を開いて、同年の1116日にCDデビュー。誰がメンバーになるのかまったく情報が降りてこなかったから、制作発表当日までアツたちも「誰が入るのかな? 〇〇くんはメンバー候補だよね?」などとあれこれ予想しあってザワザワしてたのよね。まぁ、それらの予想はことごとく外れちゃったんだけど(笑)。

 セクゾンのメンバーは、ジャニーさんの超絶お気に入りの勝利くんがワントップ。その左右をケンティーと風磨くんの高学歴お兄ちゃんコンビがしっかりと固め、その下で聡くんとマリちゃんコンビがわちゃわちゃ自由にやっていて、独特の形態なのよ。

 最初の頃はジャニーさんの“勝利推し”がちょっと激しすぎてクラクラしちゃったんだけど、勝利くん自身はそんな溺愛ぶりに奢ることなく、どのお仕事にも真剣に取り組んでいて好感が持てたの。でも、2012年の初出演ドラマ『ハングリー!』(フジテレビ系)のあまりの棒読み演技には、申し訳ないけどびっくりしちゃったわ。勝利くんの「野菜泥棒がいるよー」は“伝説の棒ゼリフ”と呼ばれちゃったぐらいで、見ているこちらがふにゃふにゃ腰砕け。

 だから共演していた稲垣吾郎くんに雑談ついでに「勝利くんの棒読みセリフが……」と言っちゃったら、いつもとはちょっと違う口調で「何、言ってるんだよ。初めてなんだからしょうがないでしょ? 僕だって初めはあんな感じだったもん。もっと長い目で、優しく見守って応援してあげてよ。勝利くんは必ず化ける。素質を持った子だから大丈夫。僕が保証するから!」って叱られちゃったの。吾郎ちゃんがあんな風に諭すように話すなんて、後にも先にもないことだったけど、後日、吾郎ちゃんの言葉が正解だったことに気がついたの。

 それは勝利くんの2013年の初主演ドラマ『49』(日本テレビ系)でのこと。もうね、演技もコメントも驚くぐらいの成長を遂げていたのよ。「一体どこで演技の練習をしたの?    いつの間に身につけたの?」っておったまげ~よ。野島伸司さんの脚本だったから難しい役どころだったんだけど、クランクインから堂々とした演技で現場を引っ張っていて、コメントもしっかりしていてね。たった1年でこんなにも人は進化するものなのかと驚いたもん。吾郎ちゃん、あなたは正しかったわ、ごめんなさいね。女装して歌い踊った姿も可愛かったし、ジャニーさんが推していたのも当然だったのね。

1 2 3 4

秘密のアツコちゃん

約20年間、アイドル、タレント、女優、俳優、監督や脚本家など、さまざまな業界人とともに仕事をしてきた結果、気づけばとんでもなく情報通に。毎日、テレビ局や出版社、レコード会社や映画会社などに日々出没し、マスコミ界隈をふわりふわりと歩き回っている。