カルチャー

マッサージシチュの最高傑作!! 乳首やアソコへ徐々に近づく“責めの施術”に悶絶! /女性向けAV

【この記事のキーワード】

SILK LABO公式HPより

SILK LABO公式HPより

 他にも、仰向けになった雨美の上に瀧本が馬乗りになると、嫌でも目に付くアソコ。たまらず雨美が「ね、いつもそんなに大きくなってるの?」と聞くと「いえ、美しい方だけには。身体は正直ですので、すみません」なんて言葉では反省……しておきながら! 雨美の頭上に座ってバストマッサージを始めた時には、脚を大きく開いて座って、堅いアソコを雨美の頭に当てるのです! 確信犯ですね~。

 さらに、脚をM字に開きアソコギリギリまで指を這わせます。雨美は吐息混じりに「そんなにギリギリまでやらなくて良っ……」と抵抗するのですが、紙パンツの上からアソコにオイルをたっぷり垂らされると、腰を浮かして反応! 紙パンツの上からアソコを親指で撫でられたり、両サイドから親指を入れて直に愛撫されてしまうと、喘ぎ声が漏れ始めます。

 挙句、紙パンツも脱がされると、恥ずかしがる雨美にうつ伏せを提案する瀧本。そして「もしかして乳首弱いですか? とっておきのサービスがあるのでよろしいですか?」と指にローターをはめて脇から手を伸ばして乳首責め!! そして「もう店長が来る時間なので、今の内に起き上がりましょうか」と正面を向けて座らせて無理やり乳首舐め!! もう瀧本の暴走が止まりません!

 そこへ「トントン」とノック音とともに夏野登場。瀧本と雨美は目を見開いて驚くのですが、夏野はすぐさま「お客様、大丈夫ですか?」と雨美に近づきます。すると雨美は、恥ずかしそうに全身をタオルで隠し「大丈夫です……」と照れながら答えるのです。それでも両腕をつかみ、至近距離で目を見て「本当ですか?」と再確認。ちょっと無理やりな瀧本も良いですが、タイプの違う真面目な紳士! 雨美の「ええ」という言葉とともに、「残念だけど、僕はここで。ごゆっくり。失礼します」と瀧本は出ていきました。

SILK LABO公式HPより

SILK LABO公式HPより

 2人になり、「本日は藤堂様からスペシャルコースをと仰せつかっておりますが、続けてもよろしいでしょうか?」と断ってから夏野のスペシャルコースが始まります。十分に温まった雨美の身体はものすごく敏感で、夏野が好きな気持ちも溢れてきちゃって……この続きは次回お届けします、お楽しみに!

【作品視聴はこちらからイケます↓】
PC版
SP版

1 2