連載

江口洋介似の30代後半イケメンとご褒美セックスのはずが、ロン毛のせいで意外な事態に

【この記事のキーワード】

18kin600×220

 こんにちは! 白雪魔夢子です。90年代ってキムタクや江口洋介、長瀬智也と“イケメン=ロン毛”でしたよね。彼らがセックスの時に髪の毛をどうしていたのか気になる今日この頃。今回は、白雪がロン毛男子のセックス事情が気になり始めたきっかけになった出来事、G氏(30代後半)とのお話です。

 『魔夢子さんはじめまして♪ プロフィール拝見いたしました。美人さんって感じですね。グラマーでいらっしゃるし、タイプです。よろしくお願いいたします』

 G氏はこの初メッセージ以降も非常に爽やかで常識的でした。写真にはドラマ『ひとつ屋根の下』(フジテレビ系)出演時の江口洋介のように肩まで垂らした髪で微笑むイケメンの姿が。目が切れ長で色っぽいし、イイ感じ~!! 歳が30代後半とちょっぴり年上なのも高ポイントでした。最近、地雷源にばかり飛び込んでいる白雪、今回はイケメンと普通にイチャコラさせていただきます!

モテる気配しかしないG氏。実はアレでした

 近所のセブンイレブンまで迎えに来てもらい、白雪は車に乗り込みました。G氏の車の中はまるで森林浴をしているみたいに清潔ないい匂いがします。センスまでいいのね♡ 実際に見るG氏は、鼻筋がスッと通った外国人みたいに高い鼻、目は切れ長の奥二重と写真と変わらずイケメン。服装は黒のジャケット×鮮やかなオレンジのニット、下はスウェットみたいな灰色のパンツ。なんかこなれている感じでカッコいい~~!!

白雪「Gさんってすごくモテそう! 出会い系で女の子選び放題でしょ~」
G氏「そんなことないよ。フラれてばっかりだよ」
白雪「えー」
G氏「俺、ウソつくの苦手だから聞かれたことみんな答えちゃうんだよね。正直に話すと、みんな連絡くれなくなっちゃう」
白雪「何を言うと?」
G氏「嫁がいること?」

 ……ここまでは想定の範囲内ですよ。さらにG氏は『嫁の他に出会い系サイトで知り合った彼女が2人いる』と暴露。ああ、わかっちゃいたけど、私のテンションもダダ下がり……。何を期待したんだって話ですし、その何かを期待させない戦略なんでしょうけど、合流してすぐにそこまで言ってくるか~。トキメク暇さえありませんでした。くそぅ。

 とはいえ、それだけ女慣れしているならセックスも上手いはず。一回だけサクッとエッチするだけなら、まあいいか……むしろすごくいいか! と白雪の性欲がムクムクと元気を取り戻し、気を取り直して話しかけようとした瞬間、「アメ、食べる?」と言いながら、G氏がぷっちょを取り出しました。「食べる~」と手を出した瞬間、紙を剥いて、白雪の口の中に「ン!」と入れてくれるG氏。くそぅ! 惚れてまうやんけ~!!

1 2 3

白雪魔夢子

大学卒業後、プロニートとして活動。毎日15時間オンラインゲームをして、ギルドマスターまで上り詰める。しかし、三十路を過ぎ、ふと「私。もしかしてやばい奴なんじゃ?」と思い直す。その後、奮起し、出会い系サイトに登録。『どうしてそうなった』という忠告はおやめください。