カラダ・美容

アフターピルが薬局で買えるようになったら、生セックスが増える? 緊急避妊薬は「悪い男」を利するのか

【この記事のキーワード】

 また、「ピルを病院にもらいにいくこと」自体、「恥ずかしい」とためらってしまう女性も少なくありません。実際私がそうでした。先生は至って普通の対応をしてくれますが、とっとと処方してもらって帰りたかったのが本音です。それに、医療保険を使って受診することで家族に知られることを恐れて、婦人科へ行けない女性もいるでしょう。

 アフターピルを使うことは理想的な避妊方法ではなく、あくまでも最後の砦です。できれは“服用しない”で済むのが理想的です。しかし、アフターピルはレイプやコンドームの失敗など、抗えないトラブルに陥った場合はどうしても必要なものです。

 なお、この件に際し「アフターピルの副作用(吐き気・嘔吐など)」を理由にOTC化を反対する声もありました。アフターピルには「ノルレボ錠」を服用する方法と中用量ピルを2回服用する「ヤッペ法」の2種類があって、現在は「ノルレボ錠」のOTC化が検討されています。ヤッペ法と比べ、ノルレボ錠は圧倒的に副作用の出現率が低くなっています。

 そもそも低用量ピルでさえ、服用者の理解度が低いので、アフターピルが薬局で購入できることに抵抗感を抱く声が上がるのは当たり前なのかもしれません。アフターピルOTC化に関するパブリックコメントにも「必要なことはOTC化ではなく、緊急避妊薬の一般への認知度を高め、必要時に受診するサポート体制作りだと思う」という意見がありました。

 また、OTC化にあたっての行うべき対策についても「産婦人科において緊急避妊薬の使い方等の指導を受け、指導を受けた方に認定カードを発行し、当該カードを薬局等で提示することで緊急避妊薬を購入するようなシステムを構築してはどうか」、「販売の際は保護者同伴の同意販売を必要とした方がよい」、「販売店を HP などで検索できるようにし、掲載されている店舗では常時在庫しておくようにして おく等の取り決めを作ればよいのでは」、「医療用医薬品と同様に承認条件に適正使用ガイドライン策定などを設けることを検討すべき」という意見が出されています。非現実的な案もありますが、購入にあたって決まりを整備する必要は絶対あります。

 不安要素があるのは当たり前ですが、「無責任なセックスが増える」ことを危惧してアフターピルのOTC化を反対するのは、逆に女性から避妊の自由を奪っているような気もします。「リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(性と生殖に関する健康・権利)」において、女性はいつでも緊急避妊にアクセスできる権利を持っているのです。

1 2

月島カゴメ

アニメもゲームもBLも嗜む雑食系オタク。最近はキッズアニメ(プリパラ)を見ている時が一番楽しい。オタクのくせに変な行動力がある。なお、貞操観念はほぼない。元風俗雑誌編集で元ホス狂い。

twitter:@kaaagome_