カラダ・美容

顔面にメリハリ効果を与え、内側からツヤ感を出す絶妙ライティング・コスメ

【この記事のキーワード】
Photo by Kevin Dooley from Flickr

Photo by Kevin Dooley from Flickr

 海外では主流ですが、立体的なメイクに仕上げるのに欠かせないシェーディングとハイライト。ノーズシャドウやエラの部分など、シャープに見せたい部分に使用するのがシェーディング。ベースカラーより明るくラメの輝きで、鼻筋や頬骨から目頭の横(または眉尻あたりまで)のCラインなど立体的に見せたい部分に使用するのがハイライトです。

 数年前には、シェーディングを使用せずにハイライトの光だけで立体感を出す“ストロービング”が流行したほど大人気なアイテムです(日本ではあまり浸透しなかったかもしれませんが……)。ハイライトのタイプは大きく分けて3種類。

*パウダータイプ:指やブラシでぼかしやすく、肌にスムーズにのせることができるので、ハイライトをはじめて使用する方は使いやすいです。ほんのりと優しい仕上がりにしたい方にオススメです。

*リキッドタイプ:くすみやシミなど、ピンポイントを光で飛ばしながらカバーしたいなら、リキッドタイプがオススメです。ファンデーションに馴染みながら、ツヤ感を演出できます。

*クリームタイプ:濃厚なテクスチャーでメリハリをはっきりとつけたい方にっはクリームタイプ。クリームとはいえ、塗った瞬間にサラッとした仕上がりになるものが多いですが、うまくぼかすことが出来ないと、ムラこともあるので練習は必須です。

 白に近い色、ベージュゴールド系、ピンク系など、スキントーンやメイクによって、似合う色は変わってくるかと思いますが、自分の肌なじみのよいカラーを選んでみてください。

 今回はオススメしたいものからファンの多いものまでご紹介します!ひとつ、使用方法で思うことがあります。どの商品に対しても、口コミで多く見かけるのは「テカテカになってしまった」「光りすぎ」という感想。おそらく、つけすぎが問題かと思います。パウダーもクリーミーなものも「薄く」が鉄則です。たとえば指の先に薄―くついたもの、ブラシを使用するならブラシについたパウダーをトントン“タッピング”して余計な粉を十分に落としてから、Cラインの部分にトントンと塗布するくらいがちょうどいいですよ。

NYX(エヌワイエックス)「Born To Glowリキッドイルミネーター(サンビーム)」

「NYX Born To Glow Liquid Illuminator - Sunbeam (並行輸入品)」 出典:amazon

「NYX Born To Glow Liquid Illuminator – Sunbeam (並行輸入品)」
出典:amazon

 個人的におすすめしたいのは「NYX」から発売しているリキッドタイプのハイライト! (日本から撤退してしまったメーカーなので、ネットのみの購入となります)。うっすらピンクが混じったホワイトカラーの「Sunbeam」は、強いシマ―でしっかりとツヤを出してくれます。

 リキッド系のハイライト全般に言えることだと思いますが、ファンデーションの上から使用すると、ファンデがヨレてしまうことが多いように思います。ファンデーションを肌に乗せる前にスー、トントンと伸ばして叩いて仕込んでおいてからファンデを乗せる、もしくは、リキッドファンデに混ぜて使用することで、ほどよくさりげないツヤ感と血色が出ると思います。

 この商品は、少しザクッとしたラメ感なので、粒子の細やかさを重視する方には「さりげない輝きがいい!」と思うかもしれません。しかし、個人的に思うことは、粒子が細かいハイライトでも、メイクの仕上げに多めに乗せることでなんとな~く、わざとらしく光っていることもあるのではないでしょうか。そんな事態を避けるためにも! 肌に乗せてすぐに肌にピタッと密着し、その上から使用するファンデで崩れずに輝きをキープしてくれるこちらはイチオシです!

MAC(マック)「ミネラライズ スキンフィニッシュ(ライト スカペード)」

「マック(MAC) フェイスパウダー ミネラライズ スキンフィニッシュ #ライト スカペード[並行輸入品]」 出典:amazon

「マック(MAC) フェイスパウダー ミネラライズ スキンフィニッシュ #ライト スカペード[並行輸入品]」
出典:amazon

 コスメ全般的に人気アイテムが勢揃いの「MAC」。その中でもこの商品は海外でも日本でも超人気な逸品です。全6色展開している商品ですが、この「ライトスカペード」はどんなスキントーンの方でも肌に馴染みやすく、1番人気!

 マーブル状になったパウダーには、透明感の出るブルー系、血色感を出すコーラルピンクなど肌をキレイに魅せてくれる様々なカラーがミックス! 滑らかで細かい粒子がピタッと密着してくれます。

RMK(アールエムケー)「グロースティック」

「【RMK (ルミコ)】RMK グロースティック 3.4g」 出典:amazon

「【RMK (ルミコ)】RMK グロースティック 3.4g」
出典:amazon

 自然な美しさを演出してくれるアイテムが盛りだくさんの「RMK」。ハイライト初心者でも簡単に立体感と絶妙なツヤ感をプラスするスティックタイプのハイライターです。ほんのりピンクが肌に馴染みやすく内側からみずみずしい輝きを放ちます。

 パウダーをオイルでコーテイングしているので、リキッドファンデにもパウダーファンでにも溶けこみ、フェイスパウダーの上からでもサラッとした着け心地! ローヤルゼリーエキスなどの保湿成分が配合しているので、乾燥が気になるこの時期にピッタリの商品です。

CANMAKE(キャンメイク)「グロウフルールハイライター(プラネットライト)

「キャンメイク グロウフルールハイライター 01 プラネットライト 6.3g」 出典:amazon

「キャンメイク グロウフルールハイライター 01 プラネットライト 6.3g」
出典:amazon

 プチプラなのに優秀コスメの代表「キャンメイク」からは、「パウダーなのに、密着感がすごい!」と人気の4色ハイライト。柔らかなパウダーがクリームのような透明感と高発色を発揮します。

 コラーゲン・ヒアルロン酸やローズマリー葉エキス・ザクロ花エキスなど、お肌が喜ぶ美容保湿成分と植物・果実エキスがどどんと配合! さらに、鉱物油・石油系界面活性剤・香料・アルコールがフリーと、敏感肌でも安心して使用できます。

rms beauty (アールエムエス・ビューティー)「ルミナイザー」

「ルミナイザー」 出典:amazon

「ルミナイザー」
出典:amazon

 オーガニックコスメブランドとして有名な「rms beauty」は、<有害な原料を使用しない><肌本来の力を引き出す><肌の健やかさを保つ>をコンセプトに製品が作られ、多くの女性から支持を得ています。

 天然成分で作られ、ヒマシ油とヤシ油が主成分のため、保湿力が高いですが、メイクの仕上げに使用するよりも、ベースの段階で仕込んでおくほうが、さりげないツヤ感を演出してくれるかと思います。