ゴシップ

杉浦太陽&辻希美が倦怠期を乗り越えた「夫婦のルール」に反響続出!!

【この記事のキーワード】

 しかしこのままではまずいと感じ、結婚当初のように夫婦でハグやキスをたくさんするルールを取り決めたそう。そのうち家庭での笑顔が増え、夫婦でさまざまなことを話し合うようにもなったようだ。このハグ・キス習慣は現在も続けているそうで、今は辻とのハグやキスに子供も混ざって、家族のスキンシップがさかんになっているそうだ。

 ネット上では杉浦家の夫婦円満ルールに素直に感心する声が多く、「このままじゃいかん! って実際に行動に移せるのはすごい」「わかるなー。ちょっと手を繋いでみるだけでもグッと距離が近くなる」「家庭はやっぱり、まずは夫婦の仲が良いこと。それに尽きる」といった反響。倦怠期はどんなカップルにも訪れるものだが、感情のままに行動するのではなく「どうしたらまた仲良くなれるか」検討し実行したことは確かにすごい。

 SNS上では、結婚当初からいつ何時もラブラブぶりをアピールしてきた2人。その姿は、「何もしなくても自然と好きが溢れてきちゃう~☆」なんてものではなく、夫婦関係を良くするための努力でもあった。夫婦揃ってママタレ、イクメンとして活動することで、2人の一挙手一投足は注目を集め、これまで幾度となく批判を浴びてきたが、それも表面的な部分。裏では多くの夫婦と同じように悩んでいたわけである。また、これだけ不倫報道が溢れる中、辻と杉浦にも週刊誌記者が張っていそうなもの。これまで10年、誤解を生む行動すら世に出ていないのも、またすごい。

(ボンゾ)

1 2