連載

ナンパバーは楽しみ方が重要! 天国が地獄に変わったNG行為に猛反省

【この記事のキーワード】

 その後、そのグループにいた男性3人としばらく喋り、また飲み会しましょう! とLINEを交換。うん、やっぱり茶屋町のほうがいい人いる気がするんだけど! とはいえ、その後がなかなか難しかったです。

 目をつけていたイケメンはずっと違う女の子と喋ってるし、その隙を狙っていると私が違うところから声かけられるし、ウロウロしすぎると物色してる感が出過ぎて感じ悪いし……。そんなわけで、今回はこのあたりでタイムアップ!

 前回と今回の違いは、私が選ぶ側か選ばれる側かだったと思うんですよね。前は、とにかく男性が多くて女の子が少なかったから、自分からみんなに声をかけに行ってました。その上、そんなに相手に奢ってもらうことを考えていなかったので(それまでしこたま飲んで行ったから)、ちょっと乾杯して合わないなって思ったら、自分のタイミングで離れられたのも良かったんです。どうしてもこのあたりが、受け身だとやりづいらいことが大いにわかりました! 受け身だと自由が奪われるので、自由に自分からガンガンいかないとゲットできるものも逃してしまう!!

 あと、次はちょっと酔っ払った楽しい気持ちで行くことを決めました。シラフだと「あの人良さそう! いや、でもよく見たら雰囲気イケメンなだけ?」とか踏みとどまってしまうんですよね。そして踏みとどまっている間に別の人に流れてしまう……。最初は勘違いでも喋って近づいてみないと。それをお酒の力を借りてしか出来ないのが自分の弱さなんですけど、まぁクラブとかナンパバーってそれを後押しするところじゃないですか!

 あと、めちゃくちゃ可愛い若い女の子がいたので「なんでこういうところ来るんですか?」って聞いたら「ノリ」って言われましたよ。やっぱギラギラした感じで来るとダメなのか~!

1 2 3

みほたん

自分の恋にはとびっきり不器用な自称恋愛マスター。 これまで恋愛についてあれこれネット上に書き散らかし気付けばアラサーになっていた。趣味はネットサーフィン、特技はネットストーキング。 難ありアイドル『オタフクガールズ』の貧乏担当としても活動中なので、そろそろ玉の輿永久就職をきめるべく日々出会いを探している。

twitter:@fukumoco

上京しました~お貧乏で大都会~