ゴシップ

真木よう子体調不良は嘘? 炎上しまくりな1年を送りながらも今は「元気そう」

【この記事のキーワード】

 最近では、昨年週刊誌に報じられたホスト遊びの過去も蒸し返されている。その報道によれば、真木は歌舞伎町の老舗ホストクラブ『A』に出入りするようになり、指名していたホストに一晩で2000万円を使い、そのホストをナンバーワンにさせたという。『セシル~』撮影時にも、ホストで散財していたと報じるメディアもある。さまざまな騒動で溜まったストレスを発散していたのだろうか?

「ホストクラブで1晩2000万円はそうそう使えない金額です。シャンパンの価格はピンキリですが、たとえば約30万円するものでも60本以上おろしていることになります。ホストクラブには『飾りボトル』と言って、約200~300万円する高級ブランデーもありますが、それをおろした場合でも数本は入れていることになる。もはや飲みきれないくらいのお酒を一晩で注文したことになりますね」(ホス狂いの女性)

 また、ホストに高額な酒を貢ぐ女性は、お酒を飲むことより、担当の売り上げのために貢ぐパターンがほとんどだそうだ。ホストの煽りにそのまま乗っかってしまった可能性もあるが、真木も担当ホストのことを思って高額な酒を入れ続けたのだろうか……。

 ホストでストレス発散していてもおかしくないくらい、波乱続きの1年を送った真木。今後については特に明言されていないが、兎にも角にも松尾のTwitterで元気な姿を見ることができてよかったと思う。

1 2