連載

不幸体質なサゲマン女…かぐや姫の幸せって何だキュウ?

【この記事のキーワード】

女友達は必須だキュウ!

美しさと教養……世間の望む女像を完璧に演じ、生きるために武装したかぐや姫。
ただひとつ、かぐや姫に足りなかったものがあるキュウ。
それは同性の友達だキュウ。
かぐや姫の周りの同性は保護者ばかり。幼いころから男の子ばかりの環境で、ナチュラル・ボーン・サークルクラッシャー体質に育ってしまったのも不幸の原因だと思うキュウ。

かぐや姫のお世話係に女童という同年代の女の子(ブス)もいたけど、あれは要注意な女だキュウ! なぜなら男も食べ物も、かぐや姫からのおこぼれを狙っていたからだキュウ。こういうマスコットキャラクター気取りで打算的な女は影でかぐや姫sageをするキュウ。気をつけろキュウ。対等じゃない関係で友人を装う奴はフレネミーだキュウ!

かぐや姫の不幸は、そんなフレネミー以外に同性の友達がいなかったことだとあたし思うキュウ。
気持ちや生き方をいたわりあえる友達がいれば、かぐや姫はここまで追いつめられ傷付くことはなかったキュウ。同性の繋がりは心身を守ってくれる。キモい男たちの欲望から身を守り、笑い飛ばすことだってできるキュウ。
かぐや姫は一生をかけて幼なじみの男(※既婚、嫁はブス)に執着していたけど、親友が一言「そんな男やめなよ。つまんないよ」って言ってくれたら、1人で抱え込むことはなかったのにキュウ。過去にとらわれずに、別の生き方ができたかもしれないキュウ。

かぐや姫の周りには、同じ目線の高さで、かぐや姫の本当の気持ちに共感する女は誰1人いなかったキュウ。
かぐや姫はずっと孤独だった。
あたしたちはこんなに、かぐや姫の気持ちに共感するのにキュウ……。

愛し合えないなら死にたいキュウ!!

かぐや姫がとても地位の高い男に抱きつかれたときの怯えた顔。今でも目に焼き付いているキュウ。
好きでもない男に抱かれるのは気持ちが悪いキュウ。でも、高い地位を持っている男にはそんな女の気持ちがわからないキュウ。それは、地位の高い男をゲットしたことで、自分まで偉くなった気になって喜ぶ女も一定数いるからキュウ。
でも、そんなのは錯覚だキュウ。
いくら高級な服を身にまとおうが、いくら豪華な家に住もうが、男によって女としてのステータスを爆上げしたつもりになってる奴は、勘違いバカ女郎だキュウ!!!!!!

確かに、お金のある暮らしはいいものだと思うキュウ。
でも、貧しくても好きな男と暮らすことのほうが幸せという価値観もあるキュウ。
あたしにはどっちがいいことなのかわからないけれど、かぐや姫は後者を選んだキュウ。

かぐや姫が望んだのは、豪邸で蝶よ花よと愛でられる日常や、帝の寵愛ではなくて、子供の頃に過ごした野山で草花や虫と戯れ、その自然の中で愛する男や家族と生きることだったキュウ。
その望みをほんのひとときでも叶えるかのように、彼女は月に帰る前、愛していた幼なじみの男と再び出会い、二人で宙を舞い、抱きあうキュウ!
このシーンは、それまで澱のように溜まっていたこの世界への不平不満憤りをすべて帳消しにしてしまうほど多幸感にあふれていて、世界は美しいと思えたキュウ! この美しいシーンに不倫だどうだって水を差す奴は誰だキュウ!? あたしが産み直してやるキュウ!!

かぐや姫は月に帰ったキュウ。
これは、彼女の地球での寿命が終わってしまった……つまりかぐや姫は生を全うしたのだとあたしは解釈したキュウ。『かぐや姫の物語』は、生々しい女の一代記だったのだキュウ~!!
同時に、「女の幸せとは何か」を現代を生きるしQたちに突き付け、否応なく考えさせてくる厳しい作品だったキュウ。
しQの幸せ……はぁう、イケメンアイドルやイケメンゆるキャラやイケメンAV男優と戯れてお金と性欲にまみれた日々を送りたいと現実逃避したこともあったけど、本当の幸せってきっとそんなことじゃないキュウ~~~。
今年もしQの懊悩は続くキュウ……。

 

■子宮のゆるキャラ(妖精)しQちゃん /アイドルに貢ぐために週5+日払いバイトで馬車馬のように働いているキュウ。生理前は情緒不安定になるけれど、今日も元気に頑張りまシュッサン☆ Twitterアカウント【@sheQchang】

(しQちゃんバナーイラスト おおざわともこ http://ohzawa.blog.fc2.com/ )

backno.

1 2 3

しQちゃん

子宮のゆるキャラ(妖精)。アイドルに貢ぐために週5+日払いバイトで馬車馬のように働いているキュウ。生理前は情緒不安定になるけれど、今日も元気に頑張りまシュッサン☆ 

@sheQchanz