ゴシップ

土屋太鳳、佐藤健への接触が止まらない! 第二のmiwa化まったなし?

【この記事のキーワード】

 土屋はこれまでにも、山崎賢人(23)、竹内涼真(24)、片寄涼太(23)などの人気絶頂の若手俳優と共演するたびにボディタッチを繰り返してきた。しかし、彼らは佐藤のように斜に構えることなく、土屋をもてはやし、一緒にイチャイチャする場面が多々あった。特に熱愛疑惑も浮上した山崎とはイチャつきが止まらなかった。連続テレビ小説『まれ』(NHK)で夫婦役を演じた2人は、立て続けに映画『orange』でも共演。映画にて主演を務めた土屋は、相手役が決まっていない時期から「(相手は)賢人くんかもって思っていた」と、再共演は運命だったとアピールしていた。

 「女性に嫌われる女」として名高いシンガーソングライターのmiwa(27)も、土屋同様、男性俳優との距離の近さから女性を敵に回した。2017年2月公開の映画『君と100回目の恋』で坂口健太郎(26)と共演した際には、宣伝中に事ある毎に坂口にべたべた触れ、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)出演時には「映画の中でも手を合わせるシーンがあるんですけど、(坂口は)手が本当におっきいんですよ」と坂口に向けて自身の手を開いて差し出し、坂口と手の平を合わせて大炎上。自身のSNSでは小栗旬、松坂桃李、綾野剛、玉山鉄二など、多くの男性俳優と至近距離で寄り添っている2ショットを掲載し、相手俳優の女性ファンから非難を浴びていた。

 土屋しかりmiwaしかり、相手の女性ファンへの配慮を一切しない。自分が楽しくて可愛く写ればれば良しと捉え、その結果、自身の女性ウケは皆無となることはどうでも良いのだろうか。2018年4月には菅田将暉とW主演を務めた映画『となりの怪物くん』が公開予定だが、菅田ファンは今から覚悟しておいたほうが良さそうだ。

(ボンゾ)

1 2