連載

CMで見せた顔は“リアルな日常”だった? 鈴木京香の女優らしくない一面

【この記事のキーワード】

 スタジオ中がまさかの「新ペットはメダカ」発言に失笑していた。MCの藤木直人も「だいぶ~、だいぶ(犬から)変わりましたよ」と冷静にツッコんでいた。上田は京香さんのペットロス心情を汲み取るかのように「似たような生き物だとちょっとなんか(他界した犬を)思い出しますもんねぇ……」と優しくフォローするのだった。それを聞いて京香さんは、「そうなんです、そうなんです」と激しく頷いていた。

 京香さん的には犬はまたいつか飼いたいのだけれど、仲良しのスタイリストさんから譲り受けたメダカを今はペットとして大事に育てているとのこと。自宅でもペットをたくさん飼っている動物好きの森泉が「メダカでは物足りなさを感じるのでは?」と尋ねると、京香さんは最初は自分もそう思っていたものの、見えないくらい小さい時に子メダカを貰ったため、成長していくうちに愛着が湧いたようだ。

 最初は10匹だったメダカが大きくなるまでにどんどん亡くなってしまい、半分以下の4匹に減ってしまったのだが、京香さんは彼らにもちゃんとペットらしく名前を付けているそうだ。名前の由来を添えて紹介してくれた。

・ボス→ 一番大きいから
・ブルーアイ→ 一番、目が青く光っているから
・背骨(!?)→ 背骨がちょっと短くて曲がっているから
・チビ→ 一番小さいから

 まんま、見たまんま、そのままである。ストレート過ぎるネーミングセンスに、京香さんの素朴さを感じてしまった。実際に京香さんが自宅のメダカ映像をビデオカメラで撮って来ていたのだが、いまいちピントの合わない中で果敢に4匹の泳ぎ回るメダカを捉えようとする京香さんの必死さがビンビン伝わってくるVTRとなっていた。小学校の運動会でパパやママたちが我が子の活躍をビデオカメラに収めたいと、だいぶ遠くからの撮影に奮闘している姿と重なるかのようであった。

「突然……わけもなく、今すぐ、食べたくなるんです!」

 また、京香さんの好きな食べ物の話題になると、これまた意外にも「トンカツ好き」であることを明かした。どうやら揚げ物がお好きなようで、最近聞かれたら答えているという大好きな食べ物は“カツカレー”だそうだ。なんでも、大学生の頃から学食でカツカレーを好んで食べていたのだとか。周りの女子大生たちは可愛いらしく、軽いランチを食べていたが、女子大生京香はカレーだけじゃ物足りなかったそうだ。味も単調になってしまう普通のカレーに、“カツ” という最高の相方を乗せてゴールデンコンビを誕生させることで、彼女の舌と胃袋は満たされたようだ。

 女優さんであるからスタイル維持のために食事制限などもありそうだが、京香さんは未だに大好きなカツカレーをガッツリ食しているのだ。もしかしてだけど~、だからレトルトカレーの「ボンカレー」のCMが決まったのだろうか? CM内で「突然……わけもなく、今すぐ、食べたくなるんです!」という京香さんのナレーションに乗せてボンカレー食べたさに雨の中を一心不乱に走っていた姿や、自宅に到着してボンカレーにありついた時の至福の表情は、演技ではなく“リアル京香の日常”だったということか……。

 京香さんに対して、品のあるおしとやかな女優さんというイメージがあったが、今回の放送で彼女の意外なお茶目な部分を知ることができてなんだか嬉しかった。番組の終盤でペットショップのスタッフが数匹の愛くるしい子犬を連れてやって来たのだが、それを見たとたんに京香さんは「わ~! カワイイ~っ!」と今日イチのハイテンションになっていた。素直に猛烈にはしゃぐ京香さんがどの子犬よりも一番可愛く見えたのは、おそらく私だけじゃなかっただろう。京香さんがペットロスを克服して、いつか新しい犬を迎え入れた時に、いったいどんな“見たまんま”名前を付けるのだろうか? 名前の由来とともに是非、聞いてみたいものである。

■テレ川ビノ子 / テレビが大好き過ぎて、頼まれてもいないのに勝手にテレビを全般的に応援しています。おもしろテレビ万歳!

 backno.

1 2

テレ川ビノ子

テレビが大好き過ぎて、頼まれてもいないのに勝手にテレビを全般的に応援しています。おもしろテレビ万歳!