連載

「キスだけでも」はおじさん共通メンタル? 憧れの年上男性との大人デートでショックだったこと

【この記事のキーワード】

 一軒目で一通り「お久しぶりです」トークを済ませて二軒目へ。「バーを予約してあるから」と言われ、これまた心の中で小躍り。大人や! 大人やーー! わかってます、私も年齢的には充分すぎるほど大人なんですけど、普段それに見合うようなまともな生活をしていないので、こういう「ちゃんとした」振る舞いをされるとすぐ舞い上がっちゃう。

 到着したのは、ザ・隠れ家という風貌のバー。ここではさらに細かい近況報告で盛り上がり、そんな私たちを見てひとりだけいた先客のザ・年齢不詳な女性が「いいわねぇ、久しぶりに彼女とデート?」とウフフと微笑んでいました。彼女だなんてそんなそんな……ザ・隠れ家なバー、ザ・年齢不詳な女性客、大人のデートだなぁ……なんて場の空気に酔っていると、そのデート相手がこう言いました。

「俺ね、結婚したんだよ!」

 ショック! 知らなかった……わけではありません。そんなことは、繋がっていないほうのSNSでチェック済み。いいんですよ。ちょっとした浮かれ気分を味わいたかっただけです。それに久しぶりに話してみてもやっぱり面白い話ばっかりで、本当にこの日は楽しかったんですもの。その後は、奥さんとの馴れ初めや、結婚式の話なんかを聞いてまたひと盛り上がりしました。

 夜も深くなり、お店を後に。もう終電もなく、その人は遠方に住んでいるため宿をとったというので、タクシーを拾うために歩き出しました。そこで一言。

「泊まりに来る?」

 この人に限って、さすがにこういうのはないだろ~と勝手に思ってたんですけど……いやいやいや、何言ってるんですか! 帰りますよ! 私、明日早いんです! へへへへへ! と高速愛想笑いで返しました。しかし、軽いノリかと思いきや「朝何時から予定あるの? そんな遠くないから大丈夫でしょ」と意外にも食い下がる!「いや、私起きれないんで!」と返した後にまた一言。

「じゃあキスだけ」

 ええー!!! いや、そんな流れ今までなかったですやん!!! 何で? 結婚してない時にしてくれよ! 既婚者は無理! 私、既婚者は無理なんです!!! と、叫びたいのを飲み込んで「じゃあまた!」とタクシーに乗り込みました。

1 2 3

みほたん

自分の恋にはとびっきり不器用な自称恋愛マスター。 これまで恋愛についてあれこれネット上に書き散らかし気付けばアラサーになっていた。趣味はネットサーフィン、特技はネットストーキング。 難ありアイドル『オタフクガールズ』の貧乏担当としても活動中なので、そろそろ玉の輿永久就職をきめるべく日々出会いを探している。

twitter:@fukumoco

上京しました~お貧乏で大都会~