連載

「キスだけでも」はおじさん共通メンタル? 憧れの年上男性との大人デートでショックだったこと

【この記事のキーワード】

 というわけで、久々の浮かれ気分はしょぼしょぼと萎んでしまった残念なデートでした。いや、何で既婚者なのわかってて飲みに行ったんだよって言われるかもしれないですけど、本当にそんな色っぽい感じじゃなかったんですよ! 私にとってちょっとした憧れ、相手からはせいぜい「ちょっと面白い女の子」と思われているんだと認識していました。でも、私から好意的に見られているっていうのがわかっていたんだろうな。

 そして、別にキッスが嫌だったわけじゃないです。実は私がショックだったのは、言われた瞬間に「飲み屋のおじさん」が思い浮かんでしまったんです。飲み屋で働いている時に、お店でもアフターのご飯屋さんやカラオケでも紳士的だったのに、タクシーの中だけ豹変するお客さんがいたのです。それがまた「部屋にあげろ」とか「泊まっていけ」とか誘ってくるとか、胸を触ってくるとかでもなく、とにかく唇を狙ってくるのです。これが、私の周りだけじゃなくて、いろんなお店のいろんな女性から「キスだけでもしたい」ってメンタルのおじさんがいる話を聞くんですよね。

 そんな飲み屋のおじさんと憧れの年上男性がリンクしてしまい、萎えてしまったわけです。なんだかちょっと相手がおじさんになった気がして切なかったのでした。

 そういえばまた別件で、数年前恋人関係だった人から「そのうちまたご飯でも」という連絡が来ていましたが、年とった相手に会いたくない気持ちでスルーしました。ハタチくらいの時に遊んでいた相手はみんな立派なアラサー……を通り越してアラフォー。もちろんそれは自分にも当てはまるわけで、4つ下や7つ下だった年下元彼たちは、今の私に会うのが怖いかなぁ。会ったら「うわ~やっぱおばさん」とか思うのかなぁ。

 年齢がすべてではないけど、変化は怖い。2017年の締めくくりがこんなのでいいのかとは思いつつ、図らずもここ78年の男性関係を思い出してしまいました。来年こそ実りある1年を! よろしくお願いします。

1 2 3

みほたん

自分の恋にはとびっきり不器用な自称恋愛マスター。 これまで恋愛についてあれこれネット上に書き散らかし気付けばアラサーになっていた。趣味はネットサーフィン、特技はネットストーキング。 難ありアイドル『オタフクガールズ』の貧乏担当としても活動中なので、そろそろ玉の輿永久就職をきめるべく日々出会いを探している。

twitter:@fukumoco

上京しました~お貧乏で大都会~