ゴシップ

永尾まりやがどうみても「Cカップ」ではない件

【この記事のキーワード】

 自己判断でBカップのブラジャーを着けていたのに、下着屋さんで胸のサイズを測ってもらったら、CカップやDカップのブラジャーを勧められた、というのは貧乳を自覚している女性にありがち。逆にアンダーが大きければ、カップ数も大きくなります。男性がイメージするCカップはアンダーが80cmくらいのバストなのではないでしょうか。

 実はブラジャーにはからくりがあります。カップ数は違うのに、「カップ自体の大きさ」がほぼ同じという現象が起きます。たとえば、B75(トップ87.5cm)とC70(トップ85cm)はカップの大きさはほぼ同じ。A75とE65(共にトップ85cm)も使っているカップは同じ! ただ、アンダーの長さや太さ、ホックの数でストラップの太さが異なるだけなのです。

▼「なんちゃってFカップ」を詐称できる“ブラサイズ”のからくり

 では永尾さんはというと、見た目だけでの判断になりますが、アンダーは小さいでしょう。しかし、アンダーとトップの差がかなりあることが映像から見て取れるので、少なくともEカップはあると推測できます。着用している下着を見ると、「大きなおっぱい」を支えるアンダーベルトとストラップも太め。下手するとFカップの可能性もありそうです。

永尾まりやがどうみても「Cカップ」ではない件の画像3

アンダーベルト太めです/dTVオリジナルドラマ『不能犯』第1話 隠したい過去より

 男性はカップ数でバストの大きさを判断しがちですが、Cカップでも貧乳はいるし、どうみてもCカップじゃない巨乳もいるんですよ……!

1 2

月島カゴメ

アニメもゲームもBLも嗜む雑食系オタク。最近はキッズアニメ(プリパラ)を見ている時が一番楽しい。オタクのくせに変な行動力がある。なお、貞操観念はほぼない。元風俗雑誌編集で元ホス狂い。

twitter:@kaaagome_