連載

本の交換はココロの交歓⁉ 舌触りまったり「あん肝ポン酢」に寄せて

【この記事のキーワード】

「あん肝ポン酢」
材料
あん肝 200g
塩・酢 適量

 

付け合わせ
きゅうり 1本
わかめ 適量
大さじ3
うす口醤油 大さじ2
砂糖 小さじ2

 

薬味
ネギ・大根・赤唐辛子 適量

 

 

IMG_4252

集合写真

 

 

IMG_4254

1パック100g前後のものを使います。
では掃除を始めようかの。

 

 

IMG_4255

筋や血管を取り除きます。
筋が集まった部分をつまみ上げて引き抜きます。
取りにくければ竹串や包丁の先を使います。

 

 

IMG_4256

はりめぐらされてますね~。

 

 

IMG_4258

丁寧にたぐるように引き抜きます。
しかし、あんまり神経質になって筋を取ろうとすると、身がボロボロになってしまいます。
……ボロボロの状態で酢水で洗うと悲しいことになります。
ボロボロになった分だけ使える部分が減るのですわ……。
ほんの少しの妥協も必要なようです。

 

 

IMG_4257

お掃除完了。

 

 

IMG_4300

塩を振って40分おきます。

 

 

IMG_4301

じんわり。

 

 

IMG_4269

蒸し器を火にかけます。

 

 

IMG_4324

酢水であん肝を洗います。
酢は適当に瓶から直接入れました。大さじ4くらいは入れたかな。

 

 

IMG_4327

てゅるん。

 

 

IMG_4332

キッチンペーパーで水分を拭き取ります。

 

 

IMG_4338

ホイルでキャンディー状に包みます。

 

 

IMG_4335

えいっ!

 

 

IMG_4280

巻きすを上手く使えません……。
きっちりピチピチに巻きたいのですが、私がやると両端に広がってしまいます。

 

 

IMG_4336

片方だけひねって重力を借りよう……トントン。
もちろん、巻きすを上手に使える方はこの限りではございません。

 

 

IMG_4337

きゅっ。
ピチピチ気味に、でもひねり過ぎてアルミがちぎれない程度にします。

 

 

IMG_4340

包みました。

1 2 3

自意識和代

人の好意をなかなか信じられず、褒め言葉はとりあえず疑ってかかる。逆にけなし言葉をかけられて「なんて率直なんだ!」と心を開くことがある。社交辞令より愛あるdis。愛がなければただのdis。凹んじゃうよ! ラブリーかつ面倒なアラフォーかまってちゃんである。