連載

良い出会いがない時に! シングルスバーで惨敗後に辿り着いたオアシス

【この記事のキーワード】

 続いて2人目は銀行員の男性。私と同じく1年前までは東京に住んでいた上に、居住エリアが近かったことでひと盛り上がり。それでも、こうやって情報をお互い引き出すまでにかなり時間がかかってしまって……。「名前」「年齢」「職業」「趣味」「住まい」という基本情報をすらすらと交換し合うのって難しいですね。

 今までプロフィールシートって、交換して目を通している時間がなんか微妙だな~と思っていたのですが、ありゃ必要なものでわ! 2人目の男性なんて「あの、年齢は……いくつくらい……でしょうか?」って絞り出すように質問してきて、こっちが申し訳なく思ったくらい。挙句、私のほうが年上だったっていう……そりゃ気遣うわ。ちなみに1人目は、お互い年齢わからず仕舞いでしたからね。そして2人とも連絡先交換なし!

 いやいや、お金払って来てるんでしょ!? 私に興味ない!? いや、魅力ないのかもしれないけど、他のテーブル見ても、みんな一様に男女問わずまごまごしてるの。大丈夫か!? この店のみんな!! と言っても、グループ席はそれなりに合コンみたいに盛り上がってるんですよ。やっぱりこういう場所に友達同士で遊びに来られてない時点で駄目なんだろうな~って思っちゃいますよ。相手も! 自分も! お互い何か質問しなきゃ~話に反応しなきゃ~って様子を伺いながらの会話ね、盛り上がるはずないわ!

 てな感じで心がくさくさし始めた上、22時を過ぎて人が減ってきたので退散。人の顔色見て喋ったり、自分がどう見られるか考えながらお酒飲むのってしんどいです。いくら飲み放題でも盛り上がらない。なんか、今日は駄目だ……。なんていうかとりあえず……お酒飲みたい!!! さっきまでも飲んでいたはずなのに衝動が押し寄せてきました。あぁ、こんな日は、そうだ、HUBだ……!!! そう、全国どこにでもある、お馴染み英国風パブHUBです。楽しく飲酒できて、あわよくば異性とお知り合いになれるHUBです。

 ひとりで行ったことはなかったのですが、すでにアルコールは入ってるし大丈夫! と自分に言い聞かせて突入。お店についた瞬間、ちょっぴりあった不安は消え去りました。もう断然さっきまでのシングルスバーより盛り上がってましたから! 人がたくさんいる!

1 2 3

みほたん

自分の恋にはとびっきり不器用な自称恋愛マスター。 これまで恋愛についてあれこれネット上に書き散らかし気付けばアラサーになっていた。趣味はネットサーフィン、特技はネットストーキング。 難ありアイドル『オタフクガールズ』の貧乏担当としても活動中なので、そろそろ玉の輿永久就職をきめるべく日々出会いを探している。

twitter:@fukumoco

上京しました~お貧乏で大都会~