連載

良い出会いがない時に! シングルスバーで惨敗後に辿り着いたオアシス

【この記事のキーワード】

 パッと見ひとりで来てる女なんていないし、奢ってもらえることなんてないだろうな~それどころか誰にも声かけられないかもな~と思いつつ、鞄から財布を取り出してドリンクカウンターに並んでいると、意外にもすぐ男性にキャッチされました。しかも気前よく「何飲むの?」と奢ってくれたのです!

 相手は2人連れで、年齢は40代、職業……なのかはわからないけどDJらしい。「ガチで出会いを求めに来てる時」なら減点に次ぐ減点かもしれませんが、今は「ただただ楽しく飲みたい時」だったので、何でもオッケー。「10歳以上上ってどう? なし?」って聞かれても、相手のご機嫌取りなんて気にせず「わかんないですね。40代どころか30代にも興味なくて、年下しか好きじゃないんで」とか言えてしまう! なぜなら、今は出会い目的じゃないから! 奢ってもらってるくせにすみません!

 というわけで、この2人とは「今度飲み会でもしよう」という決まり文句の末、連絡先交換して解散しました。このあと、もうひとり別の男性と少し話して終電のため退店。

 結論、ガチガチの出会い場で上手くいかない時は、無欲に楽しい場に行ったほうが収穫ある! いや、収穫かどうかはわからないですが、少なくとも、何の情報交換も連絡先交換もせず、肩を落として帰るよりは良い結果だったと思います!

 普通のバーや立ち飲み屋なんかでも出会いはありますからね(でも過去にそういうところに「出会うぞ!」って意気込んで行った時は何もなかったんだよね……)。たまには無欲にのんびりいきましょう~。

1 2 3

みほたん

自分の恋にはとびっきり不器用な自称恋愛マスター。 これまで恋愛についてあれこれネット上に書き散らかし気付けばアラサーになっていた。趣味はネットサーフィン、特技はネットストーキング。 難ありアイドル『オタフクガールズ』の貧乏担当としても活動中なので、そろそろ玉の輿永久就職をきめるべく日々出会いを探している。

twitter:@fukumoco

上京しました~お貧乏で大都会~