連載

紗倉まなは「AV女優」だけど「セクハラしていい女」じゃない AV女優の職業差別に見る「#Me Too運動の本質」

【この記事のキーワード】
今日も異常に色っぽいぞ!

今日も異常に色っぽいぞ!

「#Me Too」運動が盛んになって、改めて“自分がされてきたこと”を振り返る女性も多いのではないでしょうか。私はAV女優なので、セクハラもクソもあるもんかという態度で接してこられることは決して少なくはなく、性を生業としてる身だからこそ「まぁこれくらいは言われてもしょうがないかな」と受け入れてきたシチュエーションも何度かありました。

 私が「ただの下ネタだね~」と笑い飛ばせるような可愛げのある言葉であっても、その“不快”の線引きは受け取る側によって異なるし、話す人や言い回しでもその印象は大きく異なります。私の感覚はだいぶ麻痺しているので、他の女性だったら傷つく言葉であっても別に何も気に留めないこともあれば、逆に、他の人なら気にせず笑い飛ばせることになぜか傷ついて、しこりみたいにずっと残ってしまうことだってありました。

 いろんな価値観があるのだから当然の話だけれど、この“一線”というのは、セクハラ問題においてとても大事な判断基準になっているのではないでしょうか。

 もはや気にしてもしょうがないことではあるのだけれど、「しょうがない」で済ませていいのかな、と疑問に思うようなこともあって。この何気ない「え?」を積み重ねて、ほこりが溜まって、いざ掃除しようかなと向き合った時に「あれってやっぱりおかしかったよな」と確信することになります。

 性的に不快な扱いを受けた時、それを咀嚼して意味を飲み込むまでには多少の時間がかかるのも、「自分はそれくらいも許せないなんて、寛容じゃないのかな。気にしたくないな」と自問自答するからなのかもしれません。

 最近だと、とある収録の休憩時間、番組内では比較的、偉い立場にいらっしゃる方から「まなちゃんって、水をたくさん飲むよね~。さすが、水商売の人ですね!」という、返す言葉を見失うほどの意味不明な発言に呆然としたことがありました。その人はAV業界の人ではありません。

 その方は他にも「実際、胸って何カップなの? 公表しているプロフィールと違うでしょ? 俺にだけ教えて!」「(打ち上げの時、「翌朝、仕事が早い」という理由で参加を断ったら)二次会に参加しないの? 絶対、明日、早くないでしょ? Twitterで起きてるか確認するよ? どうせこの後、マネージャーとラブホテルでエッチしたいだけなんでしょ」などと平然と言うのです。

 一度カパっと頭を割って、思考の回線を正確に繋ぎ合わせてあげたいと本気で思ったけれど、虚しさに、否定するのも会話の相手をするのも、すべてがばかばかしくなってしまいました。

1 2 3

紗倉まな

高等専門学校の土木科出身。18歳の誕生日の翌日に事務所に応募し、所属が決定。2011年にイメージビデオデビュー、翌年2月にAVデビューするや否や人気沸騰! SOD大賞2012では最優秀女優賞、優秀女優賞、最優秀セル作品賞、最優秀ノンパッケージ作品賞などなどを総なめで6冠を達成する。『ゴッドタン』キス我慢選手権でも「かわいすぎる」と話題☆

紗倉まなの工場萌え日記

MANA~紗倉まなスタイルブック